【あさイチ】手前味噌のレシピ。3か月で作れる自家製みそ!グリーンスタイル(1月28日)

【あさイチ】手前味噌のレシピ。3か月で作れる自家製みそ!グリーンスタイル(1月28日)

あさいち手前みそ

2022年1月28日の『NHKあさイチ』~グリーンスタイル~で放送された、「手前味噌」のレシピ・作り方をご紹介します。

発酵食品への関心の高まりとお家時間が増えたことで、味噌作りをする人が急増中!発酵食品に詳しい東京農業大学の前橋健二さんが教える、3か月で作れる自家製味噌です。

3か月で作れる!手前味噌のレシピ


自分の好みに合わせて味を調整できる手前味噌。

甘めが好きな方は大豆よりも米麹が多め<甘い味噌>を、うま味を強くしたいという方は、大豆多めの<うまみ味噌>を選んで、それぞれお試しください!

材料【作りやすい分量】
<うまみ味噌の場合>※味噌1Kg分
大豆250g
乾燥米こうじ200g
115g
ぬるま湯150cc
<甘い味噌の場合>※味噌1Kg分
大豆250g
乾燥米こうじ300g
140g
ぬるま湯250cc
作り方【調理時間:200分】
  1. 大豆はあらかじめ3時間ほど(圧力鍋を使う場合は30分)茹でて柔らかくする。
  2. ビニール手袋をはめてアルコール消毒してから、ボウルに米こうじと塩を入れ、塩がダマにならないように手ですり合わせる。ぬるま湯を加えて、均一になるよう混ぜ合わせる。
  3. 大豆をポリ袋に入れ、瓶やコップの底などで潰し、滑らかになったらバットに広げる。
  4. 大豆に(2)の米こうじを加えて、手で底から上に持ち上げ、均一になるように混ぜ合わせる。この時、練らないように混ぜる。
  5. 混ぜた大豆をテニスボールくらいの大きさ(約1/6量ずつ)に丸め、キャッチボールするように空気を抜く。
    空気を抜くことでカビ予防になります。
  6. 保存容器にジッパー付き保存袋を重ね、丸めた味噌を勢いよく投げ入れる。最後に表面をグーで押さえて平らに整える。
  7. 手袋を外して素手をアルコール消毒し、保存袋の空気を抜きながら味噌に密着させ、口を閉じる。
  8. 保存容器の大きさに合わせて切った厚紙などを上に乗せ、その上にペットボトルなどの重しを乗せる。
  9. 暗く涼しいところで、1ヶ月保存する。
  10. 1ヶ月後、カビが生えていないかを確認して、生えていたらカビを取り除く。
    カビは表面にしか生えないので、表面だけ取り除けばOKです。
  11. スプーンなどを使って上に天地返しして、味を均等にする。
  12. 再び空気を抜いて口を閉じ、同じように重しを乗せる。
  13. 2ヶ月ほど冷暗所に置いて、熟成させたら完成です。



あさイチの人気レシピ動画

万能しらすソース

2021-04-06 (公開)

毎日のランチが簡単になる、万能しらすオイル!

【材料】

清潔な保存瓶、しらす、ニンニク、みりん、薄口しょうゆ、塩、こしょう、サラダ油、オリーブオイル

 

万能むね肉

2021-02-09 (公開)

家庭料理研究家の奥薗壽子さんが教えてくれたのは、片栗粉を使った胸肉をジューシーにするテクニック!

パサつきがちなむね肉の水分を片栗粉で閉じ込め、しっとり柔らかく食べられる、万能むね肉の作り方です。

【材料】

鶏むね肉、塩、オリーブオイル、片栗粉

 

チヂミ風冷凍ご飯お焼き

2021-02-01 (公開) / 2022-06-04 (更新)

冷凍ご飯を活かした、チヂミ風のおやきです。調理の使うので、熱々ではなく6割程度に解凍するのがポイント。

使う野菜は、家にあるものでなんでもOK!

【材料】

冷凍ご飯、小ネギ、さくらえび、かつお節、片栗粉、水、ごま油、しょうゆ、砂糖、酢、白すりごま

 

ガリごぼう

2021-01-13 (公開)

行列ができる天丼店「金子半之助」の人気メニューの再現レシピです。

【材料】

ごぼう、市販のガリ、ごま、薄口しょうゆ、みりん、砂糖、刻み昆布

 
まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

あさイチ(2022/1/28)
放送局:NHK
月~金曜8時15分~9時55分
出演者:博多華丸大吉、鈴木奈穂子、 他

あさイチ人気記事一覧