【トリセツショー】餃子のトリセツまとめ。ギョーザの焼き方&包み方でお店の味に変わる!(4月28日)

【トリセツショー】餃子のトリセツまとめ。ギョーザの焼き方&包み方でお店の味に変わる!(4月28日)


トリセツショー餃子のトリセツ

2022年4月28日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された、「ギョーザのトリセツ」をご紹介します。

たった一つの簡単な工夫で、手作りギョーザが専門店のような味に大変身!?焼き方や包み方など、美味しさアップの取説が続々登場!

手作りギョーザが変わる!餃子のトリセツ

餃子を焼くのに「水は超少なめ」が良い!

トリセツショーギョーザ

家庭で生の餃子を焼くとき、皮が柔らかくグズグズになってしまったことはありませんか?

これは、入れる水の量が多いことが原因です。

実は、生のギョーザの皮には、茹で上がったうどんと同じくらいの水分が既にあります。

だからギョーザに必要なのは、水分ではありません。

ギョーザに入れる水は、実は、効率的にギョーザを加熱する水蒸気を作るためのものだったのです。

市販のギョーザの皮のパッケージには、焼くときに「ギョーザの1/3がつかる程度の水」を入れる調理が推奨されています。

これが、ギョーザが伸びてしまいがちな原因・・・。

この記載は、安全に配慮してギョーザを確実に加熱するためのもの。1/3程度の量を入れて加熱することで、生焼けになる危険性はないとの思惑から算出された量なのだそう。

入れる水の量は「超少なめ」がおすすめ!

鍋に入れる水の量を大きく減らし、しっかりと蒸らすことで、安全かつ「モチモチ」皮の専門店ギョーザを家庭でも作れます!


手作りギョーザがモチモチに!トリセツ流ギョーザの焼き方

この投稿をInstagramで見る

あしたが変わるトリセツショー(@nhk_torisetsushow)がシェアした投稿


手作りギョーザが激変!

もっちもち皮になる焼き方です。

※市販の冷凍餃子やチルド餃子の場合、事前に蒸されていることが多く、生の状態とは異なります。パッケージの指示通り調理してください。

材料【15個分】
ギョーザ15個
小さじ1
熱湯40cc
アルミホイルの落とし蓋
作り方【調理時間:15分】
  1. ギョーザ同士がくっつかないように、間隔をあけフライパンに並べる。
  2. 熱湯と油を合わせ、フライパンのフチからまわし入れる。
  3. 「アルミホイルの落としぶた」とフライパンのフタをして点火。強火で3分加熱する。
    落としぶたをすることで、蒸気を効率よく活用できます。
  4. 火を止め、フタをしたまま3分蒸らす。
  5. フタと落としぶたを取り、強火で加熱。底面がきつね色になるまで焼き目をつけたら完成です。

超簡単&美味しさを引き出す包み方

この投稿をInstagramで見る

あしたが変わるトリセツショー(@nhk_torisetsushow)がシェアした投稿

普通の皮の包み方には、面倒・肉汁が逃げやすい・皮がかたくなりやすい、という弱点があるのです。

トリセツ流の包み方ではそうした弱点を克服!

・超簡単!
・皮の端が上向きになり、肉汁をしっかりキープ
・ひだの数が少ないので、皮がやわらかく、モチモチに仕上がる

誰でも簡単に包める、ひだ少なめ&口角アゲアゲ包み!

包むのが苦手なお子さんや、忙しい大人の皆さんも、手間なく楽しく包むことができますよ。

材料【作りやすい分量】
餃子のあん
餃子の皮
作り方【調理時間:15分】
  1. 皮の上にあんを乗せる。トリセツショー餃子の包み方1
  2. 皮の頂点同士を留める。トリセツショー餃子の包み方2
  3. 左右の端の手前側を留める。トリセツショー餃子の包み方3
  4. 飛び出た「角(つの)」の部分を留める。トリセツショー餃子の包み方4
  5. 完成です。トリセツショー餃子の包み方5

※画像引用:NHKあしたが変わるトリセツショー



まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

NHKトリセツショーで話題の餃子のトリセツについてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


あしたが変わるトリセツショー(2022/4/28)
放送局:NHK
木曜よる 19:57時~放送開始
出演者:石原さとみ、濱田マリ、石原さとみ、濱田マリ、LiLiCo、大久保佳代子、FUJIWARA 他





レシピカテゴリの最新記事