【あさイチ】骨盤の傾き改善トレーニングで美尻を作る!おしりのトリセツ(9月12日)

【あさイチ】骨盤の傾き改善トレーニングで美尻を作る!おしりのトリセツ(9月12日)

あさイチ骨盤

2022年9月12日の『NHKあさイチ』で放送された、「骨盤改善ストレッチ」をご紹介します。

今日のあさイチは「明日が変わるトリセツショー」とのコラボ企画!美尻のプロが教えるキレイなヒップの作り方は必見です!

あなたの骨盤の状態は? 骨盤セルフチェック

壁に背中を向け、頭・お尻・かかとをつけて立ってみましょう。

トリセツショーお尻

■手のひらが入る・・・骨盤が後傾

骨盤が後傾している可能性があります。骨盤後傾タイプの「尻トレ」をお勧めします。

■握り拳が入る・・・骨盤が前傾

骨盤が前傾している可能性があります。骨盤前傾タイプの「尻トレ」をお勧めします。

この中間が、ちょうど良く骨盤が立っている状態です。

広い歩幅がお尻のたれを防ぎ、認知症の予防にも!

トリセツショーお尻2

広い「歩幅」で歩くことが、お尻と脳を健康に!

歩幅を広げるだけで、お尻や足、おなかなどの筋肉が使われるようになり、脳が活性化します。

■お尻・・・広い歩幅がお尻のたれを防ぐ

大手下着メーカーの研究では、歩幅が広い習慣を持つ人は、若い頃の健康なお尻を保ちやすいことが明らかになりました。

■認知症・・・広い歩幅がリスクを低減

東京都健康長寿医療センターなどの研究では、歩幅が狭い人は、認知症のリスクが、およそ3倍になることが分かりました。

広い歩幅の目安は65センチです。

これは横断歩道の白線を踏まない程度の幅です。

・お尻の穴を締めると骨盤が安定し、歩幅が広がりやすい。
・ヒジを引くと足を前に出しやすくなり、歩幅が広がりやすい。

骨盤後傾タイプの「尻トレ」

バックランジのやり方

お尻を鍛える&骨盤を前傾に戻します。

手順
  1. 片足を下げて、ヒザをつく。トリセツショーお尻1
  2. 足を戻しながら立ち上がる。トリセツショーお尻2
  3. 左右20回×朝晩2セット行います。

インナーマッスル エクササイズ

腸腰筋を鍛えて骨盤を前傾に。

手順
  1. 姿勢よくイスに座る。お尻のトリセツ3
  2. 片足のヒザを上げ、10秒キープして戻す。お尻のトリセツ4
  3. 左右10回×朝晩2セット行います。

肩甲帯ストレッチ

猫背の方にオススメ!

手順
  1. タオルを両手で引っ張るように持ち腕を上げ、10秒キープする。
  2. 手を下ろし、そのまま10秒キープする。
  3. 10回×朝晩2セット行います。

骨盤前傾タイプの「尻トレ」

骨盤前傾タイプでは 前傾しすぎると・・・

 ・お尻が出っ張り、大きく見える

 ・腰痛や脊柱管狭さく症の原因に

ヒップリフト

お尻を鍛える&骨盤を後傾に。

手順
  1. あおむけになり、ヒザを立てる。
  2. お尻を持ち上げ、3秒キープして戻す。お尻のトリセツ5お尻のトリセツ6
  3. 20回×朝晩2回行います。

腹筋エクササイズ

腹筋を鍛えて骨盤を後傾に。

手順
  1. あおむけになり、ヒザを立てる。
  2. 腰を床に押しつけながら 上体を起こす。
  3. お尻を少し持ち上げる。
  4. 5秒キープして元の状態に戻す。
  5. 10回×朝晩2回行います。


まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

あさイチ(2022/9/12)
放送局:NHK
月~金曜8時15分~9時55分
出演者:博多華丸大吉、鈴木奈穂子、井之脇海 他

あさイチ人気記事一覧