【ガッテン】赤飯の炊き蒸しレシピ。フライパンで時短20分!もち米でもちもち食感SP(10月20日)

【ガッテン】赤飯の炊き蒸しレシピ。フライパンで時短20分!もち米でもちもち食感SP(10月20日)


ガッテン赤飯フライパン

2021年10月20日のNHK『ガッテン!』で放送された、「フライパンで炊き蒸し!超時短お赤飯」のレシピ・作り方をご紹介します。

今日のためしてガッテンはモチモチ食感祭り もち米で美味&快感SP!2日がかりで作ってくれた“おばあちゃんのお赤飯”の味に迫る新ガッテン技!フライパンで20分で作れる驚きの技とは!?

フライパンで超時短!ガッテン流の赤飯レシピ


人気の赤飯ですが、ちゃんと作ろうと思うと準備も含めて8時間かかります。最近では炊飯器で作るレシピも出ていますが、モチモチ感が損なわれ、懐かしい味にはなりません。
 
そこでガッテンが考案した方法が「炊き蒸し」。フライパンを使ってたった20分で作る赤飯は、つやのある粒もたって、本格的な赤飯のモチモチ食感が楽しめます。
材料【2~3人分】
もち米2合
小豆50~60g(あらかじめ煮たもの。市販でも可)
小豆の煮汁300㏄

同日放送のもち米ライスバーガーのレシピを見る

作り方【調理時間:60分】
  1. もち米を優しく水で洗い、ザルにあげて30分おく。
    洗ってしばらくおくことで、もち米の表面にひびが入ります。
  2. フライパンに小豆の煮汁と洗ったもち米を入れて強火にかける。
  3. フライパンのフチから泡が出てきたら、ヘラで「の」の字を書きながら混ぜて炊く。
    もち米のひびから、あずきの煮汁が短時間で吸収されます。
  4. フライパンの底が見えるくらいに煮詰めたら、最弱火にしてもち米を平らにならし、豆を乗せる。
  5. アルミホイルで包んだフタをフライパンに乗せる。
    アルミホイルを巻くことで熱を反射し、効率よく短時間で加熱できます。
  6. そのまま最弱火で17~18分(加熱をしてから20分)経ったら、フタを開ける。
  7. 底のおこげの面を残し、バットや平たい皿に広げ、粗熱をとったら完成です。
    バットや皿を斜めに傾けうちわであおぐと、よりモチモチ感が増すのでおすすめです。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

お赤飯用の豆の煮方

材料【作りやすい量・・・お赤飯2~3回分】
小豆(ささげ)50g
500cc
2つまみ
水(びっくり水用)500cc
作り方【調理時間:45分】
  1. 鍋に、軽く洗ったささげ(小豆)・水・塩を入れ、強火にかけ、4~5分煮る。
  2. グツグツと沸騰しているところに、びっくり水(冷水)を加え、 再び沸騰するまで強火のまま加熱する。
  3. びっくり水を加えてから、8分ほどたったら、中弱火にし、そのまま30分ほど煮る。
    小豆の場合は45分ほど。できあがりの目安は、指でつぶせるくらいの固さです。
  4. ザルに通し、ささげと煮汁に分けておく。
    ガッテン流のフライパン赤飯で使う場合、煮汁を冷ます必要はありません。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。


↓↓↓同日放送のもち米ライスバーガーレシピはこちら↓↓↓
【ガッテン】もち米ライスバーガーのレシピ。きじまりゅうたさんのもち米レシピ(10月20日)
2021年10月20日のNHK『ガッテン!』で放送された、「もち米ライスバーガー」のレシピ・作り方をご紹介します。 今...


ガッテンで話題のレシピ動画

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


ガッテン!(2021/10/20)
放送局:NHK
水曜 午後7時30分 (再放送)水曜午後3時08分
出演者:立川志の輔,小野文惠、いとうあさこ 濱家隆一 大島麻衣 他

ガッテン人気記事一覧





レシピカテゴリの最新記事