【ヒルナンデス】ハンバーグの引き算レシピ。15分で作れる!超時短の引き算クッキング(10月11日)

【ヒルナンデス】ハンバーグの引き算レシピ。15分で作れる!超時短の引き算クッキング(10月11日)


引き算クッキングハンバーグ

2019年10月11日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』~超時短引き算クッキング~で放送された「デミグラスソースハンバーグ」の作り方をご紹介します。教えてくれたのは科学する料理研究家のさわけんさんです。料理初心者の杉野遥亮(ようすけ)さんがチャレンジ!


15分で作れる本格デミグラスハンバーグ


炒め玉ねぎや卵の代わりに、焼き肉のタレを使うことで時間を大幅短縮!ハンバーグを焼きながら特製赤ワインソースも一緒に完成させます。ちょっぴり大人の味のハンバーグです。

↑↑作り方を動画で紹介しています!

  • 玉ねぎ、卵を引き算!・・・玉ねぎの効果はコクであり、卵の効果は柔らかさです。そこで、焼き肉のタレ、牛乳を少し多めに入れることで、コクと柔らかさを得られます。
  • キャッチボールを引き算!・・・ひき肉をキャッチボールすることで中の空気が抜け、焼いたときの型崩れを防ぐことができます。しかし、ひき肉に粘りが出るまでしっかりこねれば型崩れしないそうです。
  • ハンバーグを焼きながらソースも完成!・・・一般的にはハンバーグを焼き終わって出た肉汁を使ってソースを作りますが、ハンバーグを焼きながらソースを作れば時間短縮!

実際に食べてみたら…短時間で作ったのに、ふっくら柔らかくて美味しかったです。ソースは大人向けの味ですが、お子さんが食べる時は砂糖をやや多めにすると良いと思いますよ。

材料【4人分】
ひき肉440g
牛乳100㏄
パン粉50g
焼き肉のたれ大さじ1
塩、こしょう各少々
<ソース>
赤ワイン300㏄
鶏だしの素小さじ2
トマトペースト大さじ1
ウスターソース小さじ2
小麦粉大さじ1
ベーコン4枚
砂糖お好みで
塩、こしょうお好みで

作り方【調理時間:15分】
  1. ボウルにひき肉、牛乳、パン粉、焼き肉のタレ、塩こしょうを入れてよくこねる。
  2. 粘りが出たら俵型に整え、1.5cm厚さに成形する。
  3. 熱したフライパンに入れ、弱火~中火で3分ほど焼く。
  4. 焼き色がついたら裏返し、赤ワイン、鶏だしの素、トマトペースト、小麦粉、ウスターソース、ベーコンを加えてフタをし、蒸し焼きにする。
  5. 3分ほど煮込み、味を見て、砂糖、塩、こしょうで味を調える。竹串をさしてみて、赤い汁が出てこなかったら完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

↓同日放送のレシピ

【ヒルナンデス】ドーナツの引き算レシピ。15分でつくれる!超時短の引き算クッキング(10月11日)
2019年10月11日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』~引き算クッキング~で放送された「自家製ドーナツ」の作り方をご紹介します。教え...
【ヒルナンデス】マカロニグラタンの引き算レシピ。15分で作れる時短引き算クッキング(10月11日)
2019年10月11日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』~超時短引き算クッキング~で放送された「マカロニグラタン」の作り方をご紹介しま...


ハンバーグの大人気レシピ

さわけんさんの著書とプロフィール

さわけん さんのプロフィール

年間2000を超える食品の実食比較やキッチングッズを検証するキッチンまわり評論家・科学する料理研究家。「簡単に作る時短料理」から「手をかけて作る伝統的な料理」を科学の目で作り方を見直し、最短距離で作る方法を科学する料理研究家です。 オフィシャルブログ

【さわけんさんの著書】

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。今回はヒルナンデス!で話題の引き算クッキングについてご紹介しました。玉ねぎを使わないでハンバーグを作るという概念がなかったのですが、簡単で美味しそうなので、とても勉強になりました。皆さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヒルナンデス!(2019/10/11)
放送局:日本テレビ系列
月~金曜11時55分~13時55分
出演者:南原清隆、滝菜月、梅澤廉、 他

ヒルナンデス人気記事一覧




レシピカテゴリの最新記事