【ヒルナンデス】ぶりの照り焼き、笠原将弘シェフのレシピ。失敗しない作り方【料理の超キホン検定】(5月6日)

【ヒルナンデス】ぶりの照り焼き、笠原将弘シェフのレシピ。失敗しない作り方【料理の超キホン検定】(5月6日)

ブリの照り焼き 笠原将弘

2019年5月6日の日本テレビ系『ヒルナンデス』料理の超キホン検定のコーナーで放送された、失敗しない「ぶりの照り焼き」の作り方をご紹介します。教えてくれたのは人気和食店「賛否両論」のオーナーシェフ笠原将弘さんです。


笠原将弘シェフ流ブリの照り焼きのレシピ

材料

※2人分
ブリ 2切れ
小麦粉 大さじ2
サラダ油 大さじ2

大根おろし 適量
レモン(くし形切り)2個

<A>
みりん 50ml
酒 50ml
しょうゆ 20ml


作り方

1、ブリに小麦粉をまぶす。

薄力粉をまぶすことで焼き目がキレイにつきます。

2、フライパンに油を熱しブリを入れ、
 しっかり焼き目がつくまで3〜4分焼く。

周りの油を利用して、皮目にもしっかり焼き色をつけます。

3、ひっくり返して、裏面もしっかり焼いたら
 一度取り出す。

4、フライパンに残った余分な油をペーパーでふき取る。

魚の脂は臭みの原因になるので、しっかりふき取ります。

5、混ぜ合わせた<A>を入れ、強火で煮立たせる。

 とろみが出たらぶりを戻し入れ、
 さっとタレを煮絡める。

照り焼きダレの黄金比はみりん、酒、しょうゆ=5:5:2です。

5、器に盛り付け、大根おろしとレモンを添える。


まとめ&感想

今回は笠原将弘さんのブリの照り焼きの作り方をご紹介しました。料理初心者でも失敗せずに作れる簡単レシピなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



レシピカテゴリの最新記事