【スッキリ】鳥羽流ギョーザのリニューアル版レシピ。ミシュラン鳥羽シェフの激うま餃子(9月13日)

【スッキリ】鳥羽流ギョーザのリニューアル版レシピ。ミシュラン鳥羽シェフの激うま餃子(9月13日)

スッキリ餃子レシピ

2022年9月13日の日本テレビ系『スッキリ』~みんなの食卓・褒めらレシピ~で放送された、「進化版!鳥羽流ギョーザ」のレシピ・作り方をご紹介します。

ミシュラン1つ星の人気フレンチレストラン「sio(シオ)」のオーナーシェフ、鳥羽周作さんが過去に披露した絶品ギョーザをバージョンアップ!

※画像出典元:スッキリ

進化版!鳥羽流ギョーザのレシピ


昨年のみんなの食卓で話題になった「鳥羽流ギョーザ」をリニューアル!

肉ダネに牛脂と鶏がらスープを加えることでさらにジューシーな味わいに。

2種のつけダレも加わって、さらに贅沢なごちそう餃子に仕上がりました。

材料【2人分】
ギョーザの皮大判20枚
片栗粉適量
サラダ油20cc
熱湯100cc
20cc
ごま油15cc
<餡>
キャベツ200g
豚ひき肉180g
ニラ60g
椎茸40g
生姜15g
少々
ラード20g
オイスターソース15cc
ごま油15cc
鶏ガラ7.5g
醤油10cc
5cc
牛脂1個
鶏がらスープのゼラチン30g
<酢醤油タレ ※酢2:しょうゆ1>
適量
しょうゆ適量
<ピリ辛ごまタレ>
しゃぶしゃぶ用ごまタレ
ラー油
<なめ茸タレ ※大根おろしと梅干しを混ぜてから、なめ茸を混ぜる>
大根おろし
梅干し
なめ茸

スッキリのレシピ一覧を見る

作り方【調理時間:30分】
  1. キャベツとシイタケはみじん切り、ニラは小口切り、生姜はすりおろす。
    ニラは押し出すようにスライドして切ると水分が出ないので、まな板を汚さずパラパラに仕上げることができます。
  2. ボウルに豚ひき肉と、調味料(オイスターソース・醤油・ごま油・酒・塩・鶏ガラ顆粒・ラード)、牛脂と鶏がらスープのゼラチンを入れる。
    牛脂でさらなるコク、鶏ガラスープのゼラチンで肉汁を追加します。
  3. ポリ袋をつけた手で、ボウルを氷で冷やしながら粘りが出るまで練る。
    冷やしながら練ることで、お肉の脂が溶け出さずジューシーに仕上がります。
  4. 野菜をボウルに加え、全体を混ぜ合わせる。手につけていたポリ袋を利用し、餡の絞り器を作る。
  5. 餡をギョーザの皮にのせ包む。
    餡をのせた皮を半分に折り、外側をフォークで押さえるか、餡をのせた皮の上と下を持ち、両端をクシャッと中央に寄せるようにすると包むのが鳥羽シェフ流です。
  6. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、餃子を並べて中火で焼き色をつける。
  7. 酢をお湯に混ぜ、フライパンに入れ、フタをして蒸し焼きにする。
    酢の酸性が小麦粉の粘着物質を分解し、ギョーザ同士を剥がしやすくします。
  8. 約4分、中火で水気がなくなるまで焼いたら、フタを外して水分を飛ばす。ごま油を入れて、パリっと焼き上げたら完成です。3種類のタレを添えていただきます。



まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【番組情報】