【トリセツショー】性ホルモンのトリセツ。生理の悩みを解決!月経関連症状Q&A(10月20日)

【トリセツショー】性ホルモンのトリセツ。生理の悩みを解決!月経関連症状Q&A(10月20日)


性ホルモンのトリセツ

2022年10月20日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された、「性ホルモンの取説(トリセツ)」をご紹介します。

今日のテーマは貧血、腹痛、イライラ、肌荒れにむくみなど、生理の悩みのカギを握る性ホルモンのコントロール術です。

ひたすら我慢する人も少なくない月経関連症状ですが、医療機関で正しい治療を受ければ症状を緩和できる可能性が高いのです。ですが、薬の副作用や身体への影響への不安などでなかなか病院に足が向かないという人も。

そこで今回は生理の悩み解決の鍵を握る「性ホルモン」のトリセツ!生理の悩みはなぜ起きるのか?必見です。

※画像出典元:あしたが変わるトリセツショー

生理の悩みを解決!性ホルモンのトリセツ

月経関連症状とは?

現代女性の負担になっていると言われる「月経関連症状」。

現代人はライフスタイルの変化により、生涯で経験する月経回数が昔の9倍にまで増えていると言われています。

昔は生涯に経験する月経の総回数は約50回だったのに対し、現代では約450回とのこと。

それにより「子宮内膜症」などの病気にかかるリスクも高まっているのです。

月経関連症状一覧

腹痛、腰痛、貧血、むくみ、食欲増加、眠気、イライラなど、月経期間中の月経困難症、その前に起こる月経前症候群 (PMS)を合わせた「月経関連症状」は、多岐にわたり、一説では50種類以上とも言われています。

━ 身体的症状
全身痛
頭痛
貧血
めまい・立ちくらみ
目のぼやけ・かすみ
耳鳴り
肌荒れ
肩や首のこり
胸の痛み
動悸
吐き気
腹痛
腹部の張りや腫れ
背中の痛み
腰痛
下痢
手足のしびれ
むくみ
体重増加
疲れ
ホットフラッシュ・発汗
寒さに敏感になる
動きがぎこちなくなる



 

━ 精神的症状
イライラ
眠れない・眠くなる
怒り・不安
食欲減退・食欲増加
性欲減退・性欲増進
うつ(悲しくなる・寂しくなる)
一人になりたくなる
涙が出る
集中力の欠如
判断力の低下
忘れやすくなる
罪悪感
敵意・不寛容
せっかち
衝動性
自殺願望
話したくなくなる・動きたくなくなる
神経質
気持ちのコントロールが効かなくなる
気持ちがすぐに変わる
食べ物の好みが変わる
アルコールが欲しくなる

実に7割以上の女性がこれらの症状に悩んでいるという調査結果が出ています。

その鍵となるのは卵巣で作られる2種類の性ホルモン。

・エストロゲン
・プロゲステロン

この2種類のホルモンが約1か月で増減する(月経周期)ことで、不調が起きているのです。


月経関連症状を改善!性ホルモンのコントロール術

性ホルモンのトリセツ

月経関連症状の改善方法として婦人科などで処方される「低用量ピル」などのホルモン剤があります。

これを服用すると、体内をめぐる性ホルモンの量を一定にすることができるのです。

専門家によるとホルモン療法で子宮や卵巣を休ませることは、月経による体への負担を減らし、健康上もメリットがあると考えられているのだそう。


性ホルモンのコントロールQ&A

監修:東京歯科大学市川総合病院産婦人科 准教授 小川真里子先生

低用量ピルの副作用はありますか?

■体調不良

飲み初めに吐き気、むくみ、頭痛、不正出血などが3割程度にみられますが、ほとんどの人は数日~3か月程度で治まります。

※超低用量ピルは吐き気やむくみが起きにくい
※体重増加との因果関係は認められていません

■血栓症リスク(足に血の塊ができる病気)
非服用者 1万人に1~5人 / 服用者 1万人に3~9人

※肥満、喫煙、遺伝などの要因でリスクがさらに高まる場合もあります。
 
足の痛み、腫れなどの症状があれば主治医に相談してください。

血栓症リスクは加齢とともに上がるため、40歳以上は医師に相談してください。
年齢に関係なく使える「黄体ホルモン製剤」という選択肢もあります。

■がんのリスク
乳がん … 1.24倍の可能性
子宮頸がん … 5年以上服用すると1.9倍の可能性
 
治療によるメリットとリスクの両方を考えて選択してください。

※服用中止後5年以降は非服用者と同じレベルになるという研究もあります。
※自治体などの定期検診を勧められて、早期発見できることもあります。


将来の妊娠への影響は?

専門家たちは以下の研究などをもとに、ホルモン剤の服用は将来の妊娠に影響しないと考えています。

(1)低用量ピルを服用した人が、服用を中止してから1年後に妊娠した割合は79.4%

(2)低用量ピルなどを服用していない女性が、妊娠を意図して1年後までに妊娠した割合は79.3%

何歳から服用できる?

基本的には、初経が来たら服用できます。

※初経直後は、骨への影響を考慮するため医師へ相談してください。
※母親と一緒に説明を受け、納得したうえで治療を開始することも大切です。

低用量ピルの服用の頻度は?

(1)周期投与:約3週間服用し、約1週間休む を繰り返す。

(2)連続投与:長期間服用を続ける。
 
※月経関連症状の改善・出血量の減少は1か月程度で実感できることが多いです。
 
薬の服用以外に、「子宮内黄体ホルモン放出システム」と呼ばれる治療方法もあります。

子宮内に器具をいれ、最長5年間 経血量の減少・月経痛の軽減が期待できます。

費用は?

「月経困難症」と診断されると保険が適用され、1100円~/月。

※診察内容によって価格は変化します。月経タイミング移動・避妊目的だと保険適用外となります。


かかりつけの婦人科を見つけよう

自分の体と向き合い、性ホルモンのコントロールを正しく行うためには、かかりつけの婦人科を見つけることが第一歩です。

まずはホームページに「月経・PMS・ピル」などの詳細な解説が掲載されている婦人科は、月経関連症状に関する治療を積極的に行っている可能性が高いです。

婦人科・産婦人科・レディースクリニック・ウィメンズクリニックなどのキーワードで検索してみましょう。

その他にも学会が専門性を認めた石をまとめて掲載しているホームページ「日本女性医学学会」で選ぶのもおすすめです。

大学病院や総合病院は受診するのに紹介状が必要な場合もあります。

婦人科ではどんな治療を行うの?

■問診
婦人科では、まず問診票をもとに医師による問診が行われます。

■エコー検査
続いて子宮や卵巣のエコー検査があります。

月経痛がある場合、子宮や卵巣に隠れた病気がないか調べることが大切なのです。

もし病気が合った場合、放っておくと不妊症につながる恐れがあります。

検査により「子宮腺筋症」や「子宮内膜症」が見つかることも。

■治療法の相談

ホルモン治療だけでなく、漢方薬を使った対症療法や食事・運動など生活習慣改善のアドバイスもしてもらえます。

軽い症状でも婦人科に行ってよい?

月経関連症状で日常生活に支障がると思ったら、気軽に受診することをオススメします。



まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


あしたが変わるトリセツショー(2022/10/20)
放送局:NHK
木曜よる 19:57時~放送開始
出演者:石原さとみ、濱田マリ、 他