【トリセツショー】脈拍のトリセツ(取説)まとめ。脈下げヨガで肥満・ストレス・認知症の予防!(9月1日)

【トリセツショー】脈拍のトリセツ(取説)まとめ。脈下げヨガで肥満・ストレス・認知症の予防!(9月1日)

トリセツショー脈拍トリセツ取説

2022年9月1日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された、「脈拍のトリセツ」の内容をまとめたのでご紹介します。

脈が速いと、肥満、心疾患、糖尿病、認知症のリスクがUP?!今日のトリセツショーは、世界の研究者が今 大注目する「脈拍」を特集!

脈拍で自律神経の状態を知れば、ストレス解消に睡眠改善も!すぐにできる脈下げお手軽ヨガなど大公開します。

※画像出典元:あしたが変わるトリセツショー

脈拍のトリセツ

脈拍のとりせつ

脈拍とは一定の時間に心臓が拍動する回数のことを表しており、通常は1分間の拍動を数えます。

一般的に手首の親指側、動脈が触れる場所で測定するので「脈拍」と言われます。

脈拍は、身体のすみずみまで血液が行き渡っているかどうかを知る指標になります。

脈拍の数やリズムに異常があると、心臓や血液循環に関連した病気が疑われることになるのです。

また、リハビリやスポーツを行う時の運動強度の指標にも用いられます。

脈拍の正常値は1分間に60〜100回ですが、個人差が大きく、年齢や体温、動いたあとなどの活動内容によっても数値が上下します。その中でも医療従事者は、脈の触れる部位の拍動の大きさやリズムも感じながら脈拍を測定しています。


安静時脈拍が80超えだと・・・将来太るかも!?

近年、世界中の研究者による「脈拍」の調査が進められています。

ここ5年だけでも3万5千以上の研究結果が報告されているのです。

実は脈拍の値が高い人は、将来さまざまな病気になる可能性が高いことがわかってきました。逆に低すぎてもリスクになります。

久留米大学が行った研究では、安静時の脈拍が80以上だと、将来肥満になるリスクが約2倍になったという結果が出ています。

なぜ脈が高いと将来肥満になる可能性が高まるのでしょうか。

有力なのは交感神経の影響と考えられます。

安静にしていても心拍数が高め、 ということは交感神経が過剰に働いている可能性があるのです。

交感神経優位だと脈拍は速くなり、血管は収縮します。交感神経が過剰に働き続けると、血管も過剰に収縮。血中の糖が筋肉や肝臓に届きづらくなり、血糖値が高いままとなり、将来の肥満につながる可能性が考えられるのだそう。

正しい脈拍の測り方

まずは自分の脈拍を測ってみましょう。

・朝起きてから1時間以内
・トイレを済ませて、朝食の前に計測する
・5日間計測して平均を見ることが確実
手順
  1. 座って2分ほどリラックスする。
  2. 片手の手首を太ももの上におく。
  3. 指を3本立てて、手首にあてがう。
  4. 1分間、脈拍を計測する。
    30秒測って2倍で計算してもOKです。

脈拍が70以上の場合は、少し高めです。

100を超える、もしくは50以下の場合は心臓に異常がある可能性があるので、病院で診察を受けて下さい。

脈が高いと将来の突然死リスクも増える!

脈が高いと心臓そのものに負担がかかり、不整脈や心筋梗塞などのリスクが上昇してしまいます。

また血管の収縮回数も増えるため、動脈硬化が進みやすくなり、脳卒中や認知症などのリスクが上がります。

帝京大学の大久保孝義先生の研究によれば、家庭で計測した安静時の脈拍が70以上だと、循環器系での死亡リスクが約2.5倍になることがわかっています。

ヨガは脈拍の値を下げるのに有効

トリセツショーヨガ

安静時の脈拍の値が下がると、循環器系での死亡リスクが下がることがわかっています。

そこで、脈が高めの方に今回オススメするのが、ヨガ!

肺の周辺には、交感神経を抑制させるセンサーが存在。ヨガの深い呼吸をすることは、センサーに働きかけて、脈拍を下げるのに役立つんです。

誰でも簡単にできる「ハミングビーブレス」


↓↓↓脈下げヨガ「ハミングビーブレス」のやり方はこちらでまとめています。↓↓↓
【トリセツショー】ハミングビーブレス(脈下げヨガ)のやり方。リスク低減ストレッチ!脈拍の取説(9月1日)
2022年9月1日の『あしたが変わるトリセツショー』~脈拍のトリセツ~ で放送された、「脈下げヨガ ハミングビーブレス」のや...



まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

あしたが変わるトリセツショー(2022/9/1)
放送局:NHK
木曜よる 19:57時~放送開始
出演者:石原さとみ、濱田マリ、天野ひろゆき、丸山桂里奈 他