【世界一受けたい授業】乳酸菌・ビフィズス菌のお悩み別の選び方!内臓脂肪減少・睡眠の質を高めるには?(6月18日)

【世界一受けたい授業】乳酸菌・ビフィズス菌のお悩み別の選び方!内臓脂肪減少・睡眠の質を高めるには?(6月18日)


世界一受けたい授業乳酸菌とビフィズス菌の選び方

2022年6月18日の日本テレビ系『世界一受けたい授業』で放送された、「お悩み別、乳酸菌ビフィズス菌の選び方」をまとめたのでご紹介します。

今日の世界一受けたい授業は、お悩み別の乳酸菌、ビフィズス菌の選び方です。

教えてくれたのは、研究歴40年の齋藤忠夫先生!睡眠の質を高めたい!内臓脂肪を減らしたい!いつ食べればいい?どのくらい食べていい?これを見れば、あなたにピッタリの菌が見つかります。

世界一受けたい授業 人気記事一覧はコチラ

大ブーム!乳酸菌&ビフィズス菌

世界一受けたい授業腸内環境

今、乳酸菌とビフィズス菌が大ブームとなっています。

近年、その市場規模は右肩上がり!商品数も増え続けて、およそ8000億円にもなっているのだそう。

乳酸菌は小腸、ビフィズス菌は大腸にそれぞれ住み、腸内環境を整えてくれる2大善玉菌なのです。

中でも乳酸菌はここ20数年で内臓脂肪を減らす機能や、ビフィズス菌でも花粉やほこり、ハウスダストなど鼻の不快感を軽減する機能など、優れた菌が続々と発見されています。

そしてそれらを高濃度に配合したヨーグルトがどんどんと増えてきています。

そこで、今回の世界一受けたい授業では、これらの菌の上手な摂り方について、様々な疑問を解消する方法を教えていただきました。

乳酸菌とは・・・
1857年に発見され、植物や動物など自然界に広く存在します。

ビフィズス菌とは・・・
1899年に母乳で育つ乳児の腸管から発見され。多くは動物から発見されいていて、多くは酸素に弱いのが特徴です。

人間の腸内には1000種類以上、約60兆個の重さにして1~2kgの腸内細菌が住んでいますが、乳酸菌やビフィズス菌もその中の一つです。
 
細菌は、善玉菌や悪玉菌など同じ種類のもの同士が合わさって、小腸や大腸の腸壁に張り付くように存在していて、腸内フローラと呼ばれます。
 
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は約2割、大腸菌、ぶどう球菌などの悪玉菌は1割、バクテロイデス、連鎖球菌などの日和見菌が約7割の割合で存在しています。

乳酸菌でも400種類以上、ビフィズス菌も90種類以上存在していますが、酸に弱いものが多いので、なかなか生きたまま腸までは届きにくいですが、機能性ヨーグルトなど腸まで菌が届くように改良されたものも販売されています。

━ 整腸効果
LB81乳酸菌、乳酸菌NY1301株、乳酸菌シロタ株
ビフィズス菌BB536、ビフィズス菌BB-12、ビフィズス菌LKM512
━ 肌に潤いを保つ
乳酸菌ラクトバチルスGG株
━ 脂肪を減らす
乳酸菌S-PT84、ガセリ菌SP株
━ 睡眠の質改善
乳酸菌NY1301株、乳酸菌シロタ株、ガセリ菌CP2305株
━ 花粉症・ハウスダストなどによる鼻の不快感軽減
L-92乳酸菌、ビフィズス菌BB536

お悩み別!乳酸菌&ビフィズス菌の選び方

免疫力アップ

免疫について気になる昨今、そんな時に飲みたいのは「プラズマ乳酸菌(乳酸菌L.ラクティス プラズマ)」です。

免疫の司令塔と言われる樹状細胞に直接働きかけることで、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

ベトナムの小学生を対象に実験を行ったところ、プラズマ乳酸を飲んでいたグループは飲まないグループに比べて発熱の累積日数が約半分となったそうです。下痢になった日数も少なかったとのこと。

乳酸菌をより効果的に摂るには、夕食後がオススメ!起床から15~19時間後に、腸の細胞が修復される「腸のゴールデンタイム」がやってきます。朝7時に起きた場合は、夜10時~深夜2時がゴールデンタイムです。

食べてから乳酸菌が腸に届くまで4時間ほどかかると言われているので、もっとも効果的なのは夕食後!

整腸効果

整腸効果が期待できるのはビフィズス菌BB-12

現在分かっている約90種類のビフィズス菌のうち、人間の腸内で検出されるのは約10種類です。
 
腸内のビフィズス菌は酢酸という酸を作ることで悪玉菌をやっつけ、腸内のバランス改善に効果が期待できます。

しかし、腸内のビフィズス菌は加齢で減少し、50代で乳幼児の1/100になるといわれています。
 
一般に酸に弱いとされるビフィズス菌ですが、「ビフィズス菌BB-12」は酸に強く、生きたまま腸に届きや酸いので、お通じの改善に効果があることが科学的に報告されています。


記憶力・認知機能の改善

記憶力・認知機能の改善におすすめなのはビフィズス菌MCC1274

健常な中高年の方の加齢に伴い低下する、記憶力や空間認識力を維持する働きが報告されています。

ビフィズス菌では世界初の報告なんだそうです。

緊張するとお腹が痛くなるなど、脳と腸には密接な関係があり、脳腸相関と最近では言われています。

この関係を研究する中で、ビフィズス菌MCC1274が記憶力の対策に良いということが解ってきたそうです。

歯周病ケア

歯周病ケアにおすすめなのはL8020乳酸菌

2008年に広島大学大学院の二川浩樹教授が、歯周病や虫歯になったことのない健常な子どもの口の中から発見した「L8020乳酸菌」は、口腔内環境を良好に保つ働きを助けてくれます。
 
二川教授が歯周病の原因菌“ジンジバリス菌”を持っている被験者で実験したところ、L8020乳酸菌を摂取しないグループでは、特に変化がありませんでしたが、L8020乳酸菌を摂取したグループで約44%のジンジバリス菌が減少したことが確認されました。
 
最新の研究では歯周病菌は血管を通じてカラダ全体にまわって、心疾患や糖尿病の原因になる事が分かっているので、乳酸菌を継続的に摂取することで予防することができます。


肌の潤い

肌の潤いをサポートするのはラブレ菌

1992年に京都パストゥール研究所の岸田理事長により、京都の漬物「すぐき漬け」から発見されました。

便秘をすると悪玉菌が増加するだけでなく、菌が悪いものを作り出してしまいます。それらが体内を回ることで肌荒れを引き起こしてしまうのです。

ラブレ菌は酸に強いので腸まで届き、腸内環境を改善する効果が期待できると言われています。

内臓脂肪

内臓脂肪を減らしたい方におすすめなのは、ガセリ菌SP株

ガセリ菌SP株を食事と一緒に摂取することで、肥満気味の人の内臓脂肪を減らす機能が報告されています。
 
1990年代に、健康な日本人のお腹なの中から発見された「ガセリ菌SP株」は、食事で摂取した脂肪の周りを取り囲み、脂肪の塊を大きくすることで消化酵素の働きが抑えられ、腸管から脂肪が吸収されにくくなります。
 
もともと腸内で発見されているので、腸内で長くとどまりやすい特徴があります。


プリン体・尿酸値

食後の尿酸値の上昇を抑制するのが、「PA-3乳酸菌」です。
 
痛風の原因となるプリン体は、分解され尿酸として体内に蓄えられた後に体外に排出されますが、暴飲暴食などでピリン体の摂取が増えると、尿酸が結晶化し尿管結石や痛風の原因になってしまいます。
 
PA-3乳酸菌はプリン体を分解&尿酸値の上昇を抑制する効果があります。

やせ菌/でぶ菌

体質的にデブ菌(肥満菌)が大菱とは、食物繊維が豊富な食材や、こんにゃくなどのカロリー0の食材でも、デブ菌が糖に変えてしまう働きがあるので、自覚がないまま糖質を摂ってしまいます。
 
ヨーグルトやサプリメントでよい菌を外部から補うことは優れた方法なので、留意しながら健康な生活を送りましょう♪


世界一受けたい授業 人気記事一覧はコチラ


まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

世界一受けたい授業で話題のお悩み別「乳酸菌・ビフィズス菌の選び方」についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


世界一受けたい授業(2022/6/18)
放送局:日本テレビ系列
土曜19時56分~20時54分
出演者:堺正章、上田晋也(くりぃむしちゅー) 有田哲平(くりぃむしちゅー) 、北川景子、小峠英二、佐藤栞里、羽鳥慎一、望月理恵 他

世界一受けたい授業人気記事一覧