【トリセツショー】カビのトリセツ(取説)まとめ。かくれカビをアルコールで根こそぎ撃退!(6月23日)

【トリセツショー】カビのトリセツ(取説)まとめ。かくれカビをアルコールで根こそぎ撃退!(6月23日)


トリセツショーカビのトリセツ

2022年6月23日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された、「カビのトリセツ」の内容をまとめたのでご紹介します。

部屋の見えないところには“かくれカビ”が!?

気付きにくい“かくれカビ”は、部屋や服の臭いの原因になっているかも。カビの生える原因や、生えやすい場所、予防法などをまとめました。

発生してしまったカビを、“簡単”に、“根こそぎ”、落とす技は必見です。

トリセツ流!カビの取り扱い説明書

家具裏の「かくれカビ」を食い止めよう

意外と気づきにくいですが、家中の家具の裏には、カビが生えがちです。

かびのトリセツ
※画像出典元:あしたが変わるトリセツショー

家具裏のカビを放っておくと、においの原因になるだけでなく、洋服などにカビが移ってしまう危険性もあります。

一般的にカビが生えやすい湿度は80%以上とされていますが、この家具裏のかくれカビの原因は湿度以外にもあるのです。

それが「梅雨時の結露」です。

家具裏のカビは梅雨の時期、比較的気温が低い日に発生しやすいと考えられます。

梅雨どきの湿度では、わずかな温度差でも結露してしまう可能性があるのです。

家具と壁に隙間を空けて温度差をなくそう

家具と壁・床の間に4cm以上の隙間を空けることで、壁や床と家具との間に部屋の暖かい空気が流れ込みます。

その結果、温度が低下せず、カビが生えにくくなるのです。

取説流カビの取り方
※画像出典元:あしたが変わるトリセツショー

※家具と床との間に隙間が空けられない場合は、壁との間だけでも空けると有効です。


トリセツ流カビの落とし方

家具裏のカビにはアルコールが有効!

アルコールには、カビの細胞を壊して死滅させる力があります。

カビの菌糸は、壁の中まで入り込み根づいています。

さっと拭くだけでは菌糸が残り、しばらくするとまた生えてきてしまう可能性があります。

アルコールを押し当てしばらく待ち、カビを根絶やしにすることが再発を防ぐポイントです。

↓↓使用するアルコールは濃度70%程度がおすすめ!

トリセツ流カビの落とし方
  1. 濃度約70%程度のアルコールを雑巾やタオルに含ませる。
  2. 壁にタオルを押し当て、しばらく待つ。またはアルコールスプレーを吹きかけ、ラップをかける。
  3. 1分以上置いて、アルコールを染み込ませる。
  4. 頑固なカビには複数回繰り返す。
    市販のカビ落とし剤を使用するのも効果的ですが、浴室用のものは家具や壁に使えないため、使用上の注意をよく読んでから使用してください。
注意点
・アルコールスプレーは、まわりに火がない状態で、換気やマスクをして使用してください。
・ぜんそくや、アレルギー、肺に疾患がある方は、かかりつけの医師に相談してから行ってください。

浴室のカビを防ぐワザ

浴室のカビは、入浴後にタオルで拭き取ることで防ぐことができます。

全て拭き取るのは大変ですが、目地の周りの水滴を取るだけでもOKです。

換気扇を一晩回しておくことで大半の水滴は乾きますが、目地の部分はどうしても残ってしまいます。

そのため、目地だけ重点的に水分を拭き取って換気扇を回してあげることで、浴室全体の水気を取ることが可能なのです。



まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

あしたが変わるトリセツショーで話題の「カビのトリセツ」についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


あしたが変わるトリセツショー(2022/6/23)
放送局:NHK
木曜よる 19:57時~放送開始
出演者:石原さとみ、濱田マリ、市村正親、大島美幸、黒沢かずこ 他