【トリセツショー】アブラのトリセツ(取説)まとめ。魔法の油オメガ3で美肌&健康に!チョイ足しレシピも(4月21日)

【トリセツショー】アブラのトリセツ(取説)まとめ。魔法の油オメガ3で美肌&健康に!チョイ足しレシピも(4月21日)


あしたが変わるトリセツショー油の取説

2022年4月21日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された、「油の取説(とりせつ)」をまとめたのでご紹介します。

今日のテーマはアブラ!「心臓病」「糖尿病」「認知症」にまで健康効果をもたらす魔法の油を発見!アブラの味覚の秘密や、美味&健康に効果の高いチョイ足しレシピなど、役立つ情報満載です!

からだを健康にしてくれるアブラとは?

アブラのトリセツショー

オメガ3の幅広い健康効果!美肌や動脈硬化予防

料理に欠かせない調味料として知られ、美味しいけどカロリーが高く、摂り過ぎると健康に悪いイメージがあるアブラ。

ですが実は私たちを健康にしてくれるアブラもあるのです。

その代表格が、えごま油アマニ油などに多く含まれるオメガ3です。

番組では1か月間、朝晩2回オメガ3を小さじ1杯、飲む実験を行いました。

参加者の多くが、肌のきめが整い、肌の水分含有量も増加するという結果に!

さらに動脈硬化の原因である悪玉コレステロール(LDL)も減少したのです。

実はオメガ3は全身の細胞膜の材料になり、膜を柔らかくするという効果があるのです。

細胞膜にオメガ3が少ないと、カチカチになってしまいます。

ですがオメガ3が豊富になると、血管がしなやかになり動脈硬化予防に、脳の神経細胞が柔軟になり認知機能向上につながるなど、幅広い健康効果がもたらされるのです。

<オメガ3の健康効果>

・不眠症
・認知症
・ドライアイ
・PTSD
・うつ病
・アレルギー性疾患
・更年期障害
・心血管疾患
・高脂血症
・高血圧
・糖尿病
・骨粗しょう症
・動脈硬化
・肥満
・肌のトラブル


大切なのは油の「種類」と「バランス」

油の取説

これまで油と言えば摂取するほど健康に悪いというイメージが持たれていました。

実際に肉やバターなどに含まれる飽和脂肪酸は、摂取が増えると死亡リスクが高まる傾向があると言われています。

ですが、近年話題となっている「オメガ3」や「オメガ6」などの不飽和脂肪酸は、逆に死亡リスクを下げてくれる傾向があることがわかったのです。

オメガ3=アマニオイル、えごまオイル、魚など
オメガ6=サラダ油(グレープシードオイル、大豆油など)
オメガ9=オリーブオイル、菜種油など

そのオメガ3やオメガ6もただ沢山とれば良いわけではありません。

心臓病などになりにくい最適なバランスは、オメガ6、オメガ3が2:1

ですが、オメガ6は加工食品などに含まれることが多いので、過剰に摂りがちです。

健康や美を向上させるためには、オメガ3を意識してとることが大切なのです。


健康になれるアブラ「オメガ3」の上手なとり方

アブラのトリセツショー

オメガ3を毎日とり続けるには、手に入りやすいえごま油やアマニ油がオススメです。

1日に小さじ1杯程度の量で十分。

・そのまま飲む
・サラダのドレッシングに!
・コーヒーにプラス
・ヨーグルトにかけて

※取り扱い上の注意点

・オメガ3は高温で酸化しやすいため、炒めものや揚げものには使わない。
・光でも酸化が進むので冷蔵庫で保管。開封後は1か月以内に使い切る。
・お湯を注ぐなどして高温になったポリスチレン容器に入れるのは厳禁。容器が溶けたり変質するため。

あっという間に料理の味をととのえるアブラの驚きの力とは

アブラが舌を変える!料理の味をアップさせる油の秘密

近年の研究により、油には旨味や甘味などの味を強める働きがあることがわかってきました。

番組では、普通のめんつゆと油を入れためんつゆを飲み比べる実験を行い、なんと10人中8人が油入りの方の味を濃く感じるという結果になりました。

私たちの舌の上には「味蕾(みらい)」と呼ばれる部分があり、苦み・塩味・甘み・旨み・酸味の5つの味を感じる細胞が入っています。

普通のめんつゆを飲んだ時にはそれぞれの味覚細胞が刺激されて脳に伝わり、めんつゆの味を感じました。

ですが最近では味蕾に「脂(あぶら)」を感じるセンサーがあることが判明したのです。

脂のセンサーが刺激された状態だと、それ以外の5つの味も増強されると考えられます。

よって、油入りのめんつゆの方が濃いと感じられたのだそう。

さらにアブラには、苦みや辛みなどの物質を吸着して包み込み、クセの強い味を和らげる働きもあります。

おいしい味を強め、クセの強い味を和らげ、アブラは料理をおいしくしているのです。


香りを移しとる油の力!フレーバーオイルのレシピ

香り成分はアブラに溶けやすいため、香りを移しとったフレーバーオイルが楽しめます。
 
しょうゆの代わりにフレーバーオイルを使うことで減塩にもつながります。

使用する油は、香りが少ないサラダ油や米油がオススメです。
フレーバーオイルの作り方
  1. レモンなどの柑橘系や生姜はスライスし、3日ほど漬け込む。
  2. かつお節や昆布などの乾物は、漬け込んですぐに使えます。
    昆布は炙ってから使うと香りが出ます。

オメガ3接種&おいしさアップ!アブラちょい足しレシピ

野菜のスムージー

苦味のあるスムージーやジュースに、えごま油やアマニ油を小さじ1程度加えます。

→苦味を抑える効果があります。
 

シリアル

シリアルに、牛乳と、えごま油やアマニ油を小さじ1程度加えます。

→うまみを引き出す効果があります。みそ汁、たまごかけご飯、冷ややっこにもオススメ♪
 

マグロのお刺身

やり方
  1. えごま油とオリーブオイルを6:1の割合で混ぜる。
  2. マグロの刺身を漬け込み、冷蔵庫で1時間置けば完成です。
  3. しょうゆをかけて食べます。


まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


あしたが変わるトリセツショー(2022/4/21)
放送局:NHK
木曜よる 19:57時~放送開始
出演者:石原さとみ、濱田マリ、天野ひろゆき、ウド鈴木、柴田理恵、北斗晶 他





生活カテゴリの最新記事