【ガッテン】汗で乾燥肌を改善する方法まとめ!汗活で基礎発汗を促す方法とは?(12月8日)

【ガッテン】汗で乾燥肌を改善する方法まとめ!汗活で基礎発汗を促す方法とは?(12月8日)


ガッテン乾燥肌改善

2021年12月8日のNHK『ガッテン!』で放送された、「乾燥肌改善!極上美容液」の内容をまとめたのでご紹介します。

今日のためしてガッテン!は「」に着目!モチモチうるおい肌になるための、天然の美容液ともいえる”汗”の効果を検証します。

暑い夏に体を冷やすだけじゃない、皮膚を守るバリアとしての役割や、皮膚に絶え間なく保湿成分を供給していることも発見。乾燥する冬だから注目したい、基礎発汗を増やし、肌に潤いを取り戻すための秘策を学びます。

冬の乾燥肌を撃退!汗は極上美容液

ガッテン汗活

男女問わず、冬のこの時期は乾燥による肌のトラブルを抱える人が多く、番組アンケートでは実に59.2%の方が悩んでいるという結果になりました。

そして番組の検証によると、汗をかかないことが乾燥肌につながるということがわかりました。

冬場は汗をかく機会が自然と少なくなりますよね。汗には乳酸ナトリウムと呼ばれる保湿成分が含まれており、それが減少することにより乾燥肌・肌トラブルにつながってしまうのだそう。

汗をかくと乳酸ナトリウムが皮膚の表面に出てきます。この乳酸ナトリウムには水分とくっつきやすい性質があるため、皮膚の表面や角層に含まれる水分、さらに空気中の水分までくっついて、離れにくくしてくれるのです。

それにより、皮膚の上には水のバリアができます。

また、汗には乳酸ナトリウムだけでなく、尿素や乳酸カリウムなどの保湿成分も含まれています。

これらの保湿成分により、肌をバリアして、乾燥から守ってくれるのです。


保湿のカギは基礎発汗

皮膚には基礎発汗機能があり、ごく少量ですが24時間、全身から出ている特別な汗があります。

もちろん保成分もたっぷり含まれ、皮膚を潤す働きをしてくれるありがたいものです。

ところが普段汗をかかないような生活をしていると、汗をかくために必要な神経や汗腺が眠ったような状態になり、暑くても汗をかきにくくなるうえ、基礎発汗もしにくくなってしまいます。

毎日の汗活で乾燥肌を改善

基礎発汗を上げるために、3人の方に2週間の汗活を行ってもらいました。

<行った汗活の内容>
・毎日湯船につかる
・辛いもの・温かいものを食べる
・運動をする

それにより基礎発汗の量をアップさせることに成功!肌の水分量も増えることとなりました。

大量にかいた汗の保湿効果は一定時間保たれるため、続けることで乾燥肌の改善に役に立つと言えます。

汗をかく際の注意点

汗をかく習慣のなかった方が急に負荷の高いことをすると、体に支障が出る可能性があるので、少しずつ始めるのがおすすめです。

汗が出る瞬間にピリピリとした痛みがでることがあります。それにより大きな支障を起こすことはありますが、耐えきれない痛みや赤い斑点が出るなどした場合、また運動をした時に熱中症のような症状になってしまった場合は、医師に相談するなど、無理のない範囲で行うようにしましょう。

また、皮膚の表面にあふれている汗は長時間放っておくと荒れたりあせもになってしまうことがあるので、清潔に保つことが大切です。



まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


ガッテン!(2021/12/8)
放送局:NHK
水曜 午後7時30分 (再放送)水曜午後3時08分
出演者:立川志の輔,小野文惠、木村祐一、島崎和歌子、山根千佳 他

ガッテン人気記事一覧





美容カテゴリの最新記事