【ガッテン】うまみ舌を鍛えてうま味の感度アップ!ダイエットに(9月22日)

【ガッテン】うまみ舌を鍛えてうま味の感度アップ!ダイエットに(9月22日)


ガッテンうまみ

2021年9月22日のNHK『ガッテン!』~開け!スリムへの道 新感覚☆食べ過ぎ防止術~で放送された、「肥満を防ぐ味覚の秘密」をご紹介します。

スリムな体を手に入れるために新たに注目されているのが「だしに含まれるうま味」を感じやすい舌!?食べ過ぎ予防に役立つ味覚の作り方について、まとめてみました!

うま味舌とは?

最新の研究により、「うま味感度の低下は肥満の新たな予測因子」である可能性が発表されました。

山陰労災病院の水田医師によると、今後、味覚と生活習慣の関係を調べた研究が発展していけば、肥満予防の新たな道が開けるのではないかとおっしゃいました。

私たちの舌は5つの味(甘味・苦味・塩味・酸味・うま味)を感じることができます。

このうちの「うま味」を感じられる舌を「うまみ舌」と呼びます。

うまみ感度が落ちると肥満になる?

良く知られる旨味には、昆布などの出汁に含まれる「グルタミン酸」、肉や魚に含まれる「イノシン酸」、干し椎茸に多く含まれる「グアニル酸」がありますが、これらの出汁を飲んでも旨味を感じられない、つまりは旨味の感度が落ちてしまっている人が増えてきているいるそうです。

番組では実際に、うま味の感度を検証し、103人中26人がうま味感度低下という結果になりました。

私たちの舌には「味蕾(みらい)」と呼ばれる細胞があり、ここには味を感じる受容体と呼ばれるセンサーのようなものがついています。

この旨味を感じる受容体は舌だけではなく胃にもついており、ここに「うまみ」がくっつくことで脳が満足し、食べ過ぎをおさえることができるのだそう。

逆にこの感度が低下することで、ついつい食べ過ぎてしまい、肥満につながる可能性があるそうです。

うまみ感度を上げるには

ガッテンうまみ舌

それでは、どのようにうまみ感度を上げれば良いのでしょうか。

番組では、その簡単な方法として昆布などに含まれるグルタミン酸をいつもの食事にプラスするやり方が紹介されました。

例えば「昆布茶」や「うま味調味料」を食事にふりかけるだけでもOK。

1日3gの「グルタミン酸」を摂る生活を2週間続けたことで、8人中6人のうま味感度がアップするという結果になりました。

さらに旨味を感じられるようになったことで、自然と食事の量が減り、毎食の摂取カロリーがダウンすることとなったのです。

健康な人であれば、10日間で旨味を感じられる舌に生まれ変わるそうです。

出汁だけじゃない!うまみの摂取方法

うま味はだしだけでなく、野菜や乳製品、たんぱく質にも含まれています。

逆に辛い物やお菓子などが多いと旨味が取れていないため、受容体もできにくくなってしまいます。

うまみを適度に取れる食生活を続けることで、受容体を健康に維持していくことができるのです。

これまでの食生活を見直して、上手にうまみを取り入れていきたいですね。



ガッテンで話題のレシピ動画

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


ガッテン!(2021/9/22)
放送局:NHK
水曜 午後7時30分 (再放送)水曜午後3時08分
出演者:立川志の輔,小野文惠、柴田理恵 石塚英彦 大島麻衣 他

ガッテン人気記事一覧





ダイエットカテゴリの最新記事