【ノンストップ】カジキのパンフライのレシピ。笠原将弘シェフの絶品和食 1月18日

【ノンストップ】カジキのパンフライのレシピ。笠原将弘シェフの絶品和食 1月18日


カジキのパンフライ

2021年1月18日の『ノンストップ』~おかず道場~で放送された「カジキのパンフライ」の作り方をご紹介します。教えてくれたのは人気和食店「賛否両論」のオーナーシェフ笠原将弘さん。食パンを細く裂いて、揚げ物の衣に使った変わりフライ。サクサクのパン衣とカジキのジューシーな身が相性抜群ですよ。

笠原将弘シェフのカジキのパンフライのレシピ


衣に食パンを使った新感覚のカジキフライ。

サクサクのパン衣とあっさりカジキの組み合わせが最高です。

ピリ辛味がやみつきになる特製タレも必見!

材料【4人分】 ※1人分 約766kcal
カジキの切り身4枚
塩、こしょう各少々
食パン(6枚切り)4枚
揚げ油適量
<A>
小麦粉60g
1個
大さじ2
<B>
マヨネーズ大さじ4
はちみつ大さじ1
豆板醤小さじ2
<付け合わせ>
キャベツ1/4個
レモン1/2個

料理人30周年スペシャル!笠原将弘のプレミアムおかず100 (別冊エッセ) [ 笠原将弘 ]

作り方【調理時間:25分】
  1. カジキは水気をふいて塩コショウを全体にふり、10分ほど置く。
  2. 付け合わせのキャベツは千切りにする。レモンは4枚の半月切りにする。
  3. 食パンは耳を切り落とし、手で細長く裂く。
  4. ボウルに<A>を入れて混ぜ合わせる。カジキをくぐらせ、裂いた食パンをまぶしつける。
  5. 揚げ油を170℃に熱して、カジキを入れ、3~4分揚げる。食パンの耳も一緒に入れ、こんがりとなるまで揚げる。
    パン粉がはがれやすいので、最初は触らず、かたまるまでじっくり揚げます。
  6. タレを作る。ボウルに<B>の材料を入れて、混ぜ合わせる。
  7. 器にキャベツと揚げたカジキを盛り付ける。レモンとタレを添えたら完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。



笠原将弘シェフの人気レシピ

笠原将弘シェフのレシピ本とプロフィール

笠原将弘シェフのプロフィール

恵比寿にある人気和食店「賛否両論」のオーナーシェフ。新宿「正月屋吉兆」にて9年間の修業後、武蔵小山にある実家の焼き鳥店「とり将」を継ぐ。「賛否両論」は2004年に開店。2013年には名古屋店、翌年にはめん料理も楽しめる店「メンズ館」をオープン。ノンストップやesseなど料理コーナーでも大活躍!

【笠原将弘さん著書】

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はノンストップで話題のレシピ「カジキのパンフライ」についてご紹介しました。

食パンをすりおろして生パン粉の代わりにしたことはあるのですが、大きめに裂いて衣にするというのは衝撃でした。

とっても美味しそうですね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


ノンストップ!NONSTOP!ESSEエッセ(2021/1/4)
放送局:フジテレビ系列
月曜~金曜9時55分~11時25分
出演者:設楽統(バナナマン)、三上真奈(フジテレビアナウンサー) 、坂下千里子、濱口優(よゐこ) 、島田秀平、笠原将弘 他

ノンストップ人気記事一覧





レシピカテゴリの最新記事