【あさイチ】魚介のりんご酢ジュレ仕立てのレシピ。荻野シェフのクリスマスディナー料理 12月15日【朝イチ ハレトケキッチン】

【あさイチ】魚介のりんご酢ジュレ仕立てのレシピ。荻野シェフのクリスマスディナー料理 12月15日【朝イチ ハレトケキッチン】


あさいち魚介のりんご酢ジュレ仕立て

2020年12月15日の『NHKあさイチ』~ハレトケキッチン~で放送された「魚介のりんご酢ジュレ仕立て」のレシピと作り方をご紹介します。今日のテーマは俳優・西島秀俊さんが食べたい「クリスマスディナー」の極上レシピ!日本料理の荻野聡士シェフが考案した、パーティやおもてなしに使える絶品料理レシピです。

荻野聡士シェフの魚介のりんご酢ジュレ仕立てのレシピ

あさイチ魚介のりんご酢ジュレ仕立て


りんご酢のとフレッシュなリンゴを合わせた、爽やかで上品な前菜!
 
甘く爽やかなりんごのジュレが、魚介の濃厚なうま味を引き出す逸品です。
材料【2人分】
<りんご酢ジュレ>
板ゼラチン3g
だし90cc
うす口しょうゆ大さじ1/2
しょうゆ少々
砂糖小さじ1
りんご酢大さじ1と2/3
生きくらげ2枚
絹さや3枚
りんご(皮)1/8個分
りんご(すりおろす)大さじ3
<具材>
だし300cc
小さじ3/4
うす口しょうゆ小さじ1
しめじ1/3パック
ほうれんそう1/3束
車えび(有頭/生食用)4匹(生食用えびでOK)
たい(刺身用)60g
<レモン水>
100cc
レモン汁小さじ1/2
<トッピング>
りんご1/2個(仕上げ用)

同日放送のクリスマス料理レシピ一覧を見る

作り方【調理時間:25分】
  1. ゼラチンは水につけてふやかす。
  2. 鍋に薄口しょうゆ、しょうゆ、砂糖、だしを入れて火にかける。温まったらふやかしたゼラチンを加えて溶かす。
  3. 火を止めてリンゴ酢を加え、氷水をはったボウルにあてながら冷やす。粗熱が取れたら、冷蔵庫で6時間ほど冷やす。
  4. ほうれん草はさっと茹でて氷水に取り、味をつけただしに浸して、冷蔵庫で1時間ほどおく。
  5. しめじは、石づきを取り、沸騰した湯に入れ、強火で30秒ほどゆでる。小鍋に、しめじと合わせだし(200ミリリットル)を入れ、中火で沸騰するまで煮る。粗熱を取り、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
  6. きくらげはさっと茹でて1cm角に切る。
  7. きぬさやはさっと茹でて5mm角に切る。
  8. リンゴ酢ジュレ用のりんごは5mm角に切り、仕上げ用のりんごは小さいスプーンで丸く8個くり抜き、それぞれレモン水につける。
  9. (3)がゼリー状に固まったら泡だて器で混ぜて、崩し、ジュレ状にする。
  10. りんごはすりおろし、すぐにジュレに加えて混ぜる。きくらげ、きぬさや、りんごの水気を切って混ぜる。
  11. 鯛をフライパンで皮目から入れて焼く。皮目がパリっと焼けたら、お皿に取り出し、冷蔵庫で冷やしておく。
  12. 沸騰した湯に塩(分量外:少々)・えびを入れ、30秒ほどゆでる。ゆでたえびは、氷水(分量外:適量)に入れ、粗熱を取り、頭と殻をむいて、尾を取り除き、水けをきる。背ワタを取り除き、食べやすい大きさに切る。
  13. 器に、鯛・えびを盛る。合わせだしに浸したほうれんそうとしめじの汁けを切り、盛る。
  14. ジュレをかけ、くり抜いたりんごを添えたら完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。



↓↓↓同日放送のクリスマス料理レシピはこちら↓↓↓
【あさイチ】クリスマスディナー料理レシピまとめ。西島秀俊さんも絶賛!12月15日【朝イチ ハレトケキッチン】
2020年12月15日の『NHKあさイチ』~ハレトケキッチン~で放送された「絶品クリスマス料理」をまとめましたので、ご紹介し...


まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はあさイチで話題のクリスマス料理についてご紹介しました。

コロナ禍で年末年始も自宅で過ごすという方も多い中、プロ直伝のおもてなし料理は貴重ですよね。

家庭で楽しめるレストランの味、ぜひ参考にしてみてくださいね。


あさイチ(2020/12/15)
放送局:NHK
月~金曜8時15分~9時55分
出演者:博多華丸大吉、近江友里恵、西島秀俊、萩野聡士シェフ、山野辺仁シェフ、秋元さくらシェフ 他

あさイチ人気記事一覧





レシピカテゴリの最新記事