【ガッテン】芯たまねぎを10秒で取り出す方法。玉ねぎの外側と内側をわける簡単レシピ 10月21日

【ガッテン】芯たまねぎを10秒で取り出す方法。玉ねぎの外側と内側をわける簡単レシピ 10月21日




ガッテン芯たまねぎ

2020年10月21日のNHK『ガッテン!』~サル直伝!?快感つるりん たまねぎ激ウマ新世界SPで放送された「玉ねぎ」の切り方をご紹介します。そのままサラダに、煮物、炒め物と料理には欠かせない食材の玉ねぎですが、実は切り方ひとつでその甘みと食感が大きく変わるんです。


玉ねぎは内側が甘い!?

ガッテンたまねぎ
玉ねぎを半分に切ると、真中には小さなたまねぎがあります。

実はこの部分(=芯たまねぎ)は、外側と比べて、甘さ成分のショ糖の量が3倍以上もあり、とっても甘さが強いのです。

実際に番組では、芯たまねぎだけを軽く電子レンジで加熱したものを試食したゲストの方たちが、皆一様に「甘い!!」と大絶賛でした。

また、炒飯に芯たまのみじん切りだけを使うと、しっとりとした仕上がりになります。逆にパラパラにしたい場合は外側を使うのが良いそうです。

ガッテン流!芯玉ねぎの取り出し方・レシピ

材料【1個分】
玉ねぎ1個
作り方【調理時間:1分】
  1. 玉ねぎの頭とお尻を切り落とし、お尻の面を上にして置く。
  2. 包丁の刃先を芯(=中心の円)のすぐそばにあてる。
  3. 親指を使って、まっすぐ下に切り落とす。反対側も芯のぎりぎりのところまで切り落とす。
  4. アボカドのタネを取るように、玉ねぎをひねって、芯を取り出す。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

玉ねぎの外側・内側のおすすめの使い方

上記でも説明しました通り、玉ねぎの内側は甘さととろける食感が特徴です。

逆に外側はシャキシャキとした食感を楽しむことができます。

そこでオススメなのは…

内側⇒シチューやカレーにそのまま。丸ごと蒸しも◎

外側⇒しっかり炒めて飴色玉ねぎにすれば、ルーの旨味とコクをアップ。生姜焼きなどに入れてシャキシャキを味わうのもおすすめ。

健康効果を損なわない玉ねぎの切り方

生の玉ねぎの血液サラサラ成分を出来るだけ損なわずに摂取する方法です。

材料【1人分】
玉ねぎ1/2個(80g以下)
作り方【調理時間:35分】
  1. 玉ねぎの繊維を断ち切る方向に出来るだけ薄く切る。
  2. フライパンに広げて入れ、30秒加熱する。
  3. 火を消して、フタをしたまま1分10秒待つ。
  4. 冷蔵庫で1時間以上冷やしたら完成です。
    玉ねぎをしっかり加熱する調理の場合は、切ってから15分以上放置してから使うと、血液サラサラ成分が多くなります。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。


ガッテンで話題のレシピ

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ガッテン!(2020/10/21)
放送局:NHK
水曜 午後7時30分 (再放送)水曜午後3時08分
出演者:立川志の輔,小野文惠、榊原郁恵、陣内智則、大島麻衣 他

ガッテン人気記事一覧





レシピカテゴリの最新記事