【世界一受けたい授業】サバ味噌煮缶鍋の作り方。佐藤秀美先生の健康鍋レシピ(1月25日)

【世界一受けたい授業】サバ味噌煮缶鍋の作り方。佐藤秀美先生の健康鍋レシピ(1月25日)

世界一受けたい授業健康鍋

2020年1月25日の日本テレビ系『世界一受けたい授業』で放送された血管が元気になる健康鍋「サバ味噌煮缶鍋」の作り方をご紹介します。教えてくれたのは管理栄養士の佐藤秀美先生。美味しくて健康になれる鍋のレシピです!


サバ味噌煮缶鍋のレシピ

塩分を取り込むと、塩分を薄めるために血液中の水分量が多くなり血管に負担がかかり硬くなる原因になります。
また、脂質や糖質の摂りすぎによりLDLコレステロール(悪玉)が増えると、血栓などができやすくなり、脳梗塞や、心筋梗塞につながる可能性があります。

青魚に含まれるEPAは血管を柔らかくする効果があり、血栓もできにくくします。青魚は週に3回は食べるとよいそうです。

他の具材や調味料にも、健康効果の高いものを使用します。
・カレー粉・・・少ない塩分でも物足りなさを感じさせません
・キャベツ・・・ビタミンと食物繊維が豊富
・小松菜、にんじん、マイタケ・・・血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富
・豆乳、厚揚げ・・・大豆の豊富なたんぱく質は、傷ついた細胞を補修してくれ、LDLコレステロール(悪玉)を減らす働きもある
材料【1~2人分】
無調整豆乳 2カップ(400cc)
サバ味噌煮缶1缶200g
カレー粉小さじ1半
にんじん1/2本(200g)
キャベツ1/4カット(300g)
小松菜200g
厚揚げ3/4個
舞茸1パック(130g)
作り方【調理時間:30分】
  1. キャベツ、小松菜はざく切りにする。にんじんは短冊切りにする。
  2. まいたけは手でほぐす。厚揚げは食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋に無調整豆乳を入れ、弱火であたためる。
    沸騰すると分離してしまうので、煮立たせないように注意する。
  4. サバ味噌煮缶・カレー粉を入れて軽く混ぜる。
  5. キャベツ・にんじん・厚揚げ・まいたけ・小松菜を加え、具材に火が通るまで煮たら完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

↓↓↓同日放送の健康鍋レシピ↓↓↓


まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

世界一受けたい授業(2020/01/25)
放送局:日本テレビ系列
土曜19時56分~20時54分
出演者:堺正章、上田晋也(くりぃむしちゅー) 有田哲平(くりぃむしちゅー) 、 他

世界一受けたい授業人気記事一覧




レシピカテゴリの最新記事