【世界一受けたい授業】発酵トマトチーズ鍋の作り方。佐藤秀美先生の健康鍋レシピ(1月25日)

【世界一受けたい授業】発酵トマトチーズ鍋の作り方。佐藤秀美先生の健康鍋レシピ(1月25日)

世界一受けたい授業発酵鍋

2020年1月25日の日本テレビ系『世界一受けたい授業』で放送された血管が元気になる健康鍋「発酵トマトチーズ鍋」の作り方をご紹介します。教えてくれたのは管理栄養士の佐藤秀美先生。美味しくて健康になれる鍋のレシピです!


発酵トマトチーズ鍋のレシピ

・トマトに豊富なリコピンは活性酸素の働きを抑えてくれる!しかも加熱すれば、吸収力が3~4倍になります。
・具材には、抗酸化作用の強い、鶏の胸肉、ブロッコリー、玉ねぎ、カリウムが豊富で、高血圧や動脈硬化の原因となる塩分を排出してくれるアボカドも使います。
・発酵食品であるチーズも使って、塩分を摂りすぎることなく血管が固くなるのを予防してくれる鍋です。
材料【1~2人分】
<発酵トマト>※作りやすい分量
トマト4個(500g)
5g(トマトの1%)
<発酵トマトチーズ鍋>
200cc
発酵トマトトマト450g(中玉3個分) 
5g
玉ねぎ1/2個
鶏むね肉200g
しめじ1パック
ブロッコリー1株
アボカド1個
ミックスビーンズ50g
ブラックペッパー適量
ナチュラルチーズ60g
作り方【調理時間:30分】
  1. 発酵トマトを作る。トマトを1cm角に切り、清潔な瓶に入れる。塩を加えてよく混ぜ、フタをして常温で2日(夏場なら1日)置く。
    トマトから泡が出てきたら発酵の合図。冷蔵庫で約2週間保存可能です。
  2. 発酵トマトチーズ鍋を作る。鶏むね肉、ブロッコリーは一口大に切る。玉ねぎ・アボカドは薄切りにする。しめじは石づきを切り落としてほぐす。
  3. 土鍋に発酵トマトと水(200cc)を入れ、強火で温める。
  4. 沸騰したら中火にして、鶏むね肉、玉ねぎ、しめじ、ブロッコリー、アボカド、ミックスビーンズを入れる。
  5. こしょうをふり入れ、ナチュラルチーズをまぶす。
  6. チーズがとけるまで煮てたら完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。


↓↓↓同日放送の健康ナベレシピ↓↓↓

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

世界一受けたい授業(2020/01/25)
放送局:日本テレビ系列
土曜19時56分~20時54分
出演者:堺正章、上田晋也(くりぃむしちゅー) 有田哲平(くりぃむしちゅー) 、 他

世界一受けたい授業人気記事一覧




レシピカテゴリの最新記事