【ノンストップ】サワラの変わり生姜焼きの作り方。笠原将弘シェフのレシピ(1月28日)

【ノンストップ】サワラの変わり生姜焼きの作り方。笠原将弘シェフのレシピ(1月28日)

さわらの変わり生姜焼き

2020年1月28日のフジテレビ系『ノンストップ』~笠原将弘のおかず道場~で放送された「サワラの変わり生姜焼き」の作り方をご紹介します。タレにはケチャップと玉ねぎの甘みをプラスして、お子さんも喜ぶ味に仕上げたお魚の生姜焼き。付け合わせのキャベツとワカメの和え物も絶品です!


笠原シェフの鰆の変わり生姜焼きのレシピ

材料【2人分】
サワラの切り身2切れ
キャベツ1/8個
わかめ(戻したもの)40g
小麦粉適量
サラダ油大さじ1
玉ねぎ1/2個
マヨネーズ大さじ2
大さじ1/2
みりん大さじ1/2
いりゴマ(白)大さじ1/2
大さじ1.5
しょうゆ大さじ1
みりん大さじ1
トマトケチャップ大さじ1
しょうが(すりおろす)小さじ1
作り方【調理時間:20分】
  1. 付け合わせを作る。キャベツは千切りにし、わかめは粗みじん切りにする。一緒にボウルに入れ、(A)で和える。
  2. 玉ねぎは薄切りにする。サワラは小麦粉を薄くまぶす。
  3. フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を中火で熱し、サワラを皮目を下にして並べる。両面をカリッと焼いたら取り出す。
  4. フライパンを拭いて、サラダ油(大さじ1/2)を中火で熱し、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、混ぜ合わせた(B)を加える。
  5. 少しとろっとするまで煮詰めたら、サワラを戻し入れ、煮からめる。
  6. 器に盛り、(1)を添えて完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。


まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

笠原将弘シェフのプロフィール

恵比寿にある人気和食店「賛否両論」のオーナーシェフ。新宿「正月屋吉兆」にて9年間の修業後、武蔵小山にある実家の焼き鳥店「とり将」を継ぐ。「賛否両論」は2004年に開店。2013年には名古屋店、翌年にはめん料理も楽しめる店「メンズ館」をオープン。ノンストップやesseなど料理コーナーでも大活躍!

【笠原将弘さん著書】


ノンストップ!NONSTOP!ESSEエッセ(2020/01/28)
放送局:フジテレビ系列
月曜~金曜9時55分~11時25分
出演者:設楽統(バナナマン)、三上真奈(フジテレビアナウンサー) 、 他

ノンストップ人気記事一覧




レシピカテゴリの最新記事