【ガッテン】長芋ジュースで便秘解消!レジスタントスターチが豊富なナガイモの健康効果を紹介(1月15日)

【ガッテン】長芋ジュースで便秘解消!レジスタントスターチが豊富なナガイモの健康効果を紹介(1月15日)

ナガイモジュース

2020年1月15日のNHK『ガッテン!』で放送された長芋の健康効果ナガイモジュースの作り方をご紹介します。腸内細菌を元気にして、便秘改善の効果も期待できると話題の成分レジスタントスターチを豊富に含むナガイモ(山芋)を活用し、体を健康にしてくれる必見レシピです!


ナガイモの健康効果

ガッテンやまいも

体に良いネバネバ食材としておなじみのナガイモ(ヤマイモ)は、芋の種類の中で唯一生食が出来る食材です。そのため、山芋に含まれれる栄養成分を損失を心配せず、食べられます。

ナガイモには水溶性食物繊維や、体内の塩分濃度を調整するカリウムなどが含まれています。

レジスタントスターチで便秘解消

特に今回注目されたのはレジスタントスターチという難消化性デンプンです。このレジスタントスターチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の特徴を併せ持ち、便通改善や、血糖の低下作用などが期待されています。

不溶性食物繊維には便の量を増やす働きがあり、また水溶性食物繊維には便のかさ(体積)を増やし、さらに腸内細菌のエサになるという働きがあります。

それぞれ働きが違うため、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂取することが大切ですが、レジスタントスターチはそれだけで2種類の食物繊維と同じ働きをしてくれるのです。

生食で効率的に摂取

レジスタントスターチは通常加熱すると量が減ってしまいますが、生で食べられるナガイモは、レジスタントスターチを効率的に摂れるので、近年天然の便秘薬として大注目されているのです。

今回ガッテン!では、長年便秘に悩んでいる方々に1週間、ナガイモを毎日100gずつ、食べてもらい便通の状況を検証するという実験が行われました。

すると、12人中8人の便の回数が増加という結果に!回数が増えただけでなく便の状態がよくなったという声も多く挙がりました。

レジスタントスターチを含む食材には消化されやすいでんぷんも含まれているため、取り過ぎは禁物です。ナガイモの場合1日に小鉢1杯分(およそ100g)が目安です。

ガッテン流!長芋ジュースのレシピ

レジスタントスターチを効率よく摂れる皮ごと長芋のジュース(シェイク)の作り方です。長芋の皮は薄いので、そのまま食べても食感が気にならず、また風味もアップするとのこと。

材料【2人分】
ナガイモ(皮つきがオススメ)100g
牛乳100g
バナナ(りんご、パイナップルでもOK)100g
作り方【調理時間:5分】
  1. ナガイモは皮ごと適当な大きさに切る。
  2. バナナは皮をむいて適当な大きさに切る。
  3. すべてミキサーに入れて攪拌すれば完成です。
    時間が経つと味が落ちるので、作りたてを飲むのがオススメです。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ガッテン!(2019/01/15)
放送局:NHK
水曜 午後7時30分 (再放送)水曜午後3時08分
出演者:立川志の輔,小野文惠、 他

ガッテン人気記事一覧



レシピカテゴリの最新記事