【ごごナマ】発酵玉ねぎの作り方とアレンジレシピ。濱田美里さんの万能調味料(1月15日)

【ごごナマ】発酵玉ねぎの作り方とアレンジレシピ。濱田美里さんの万能調味料(1月15日)

発酵玉ねぎ

2020年1月15日のNHK『ごごナマ』~知っとく!らいふ~で放送された「発酵たまねぎ」の作り方とアレンジレシピをご紹介します。料理研究家の濱田美里さんが考案された万能調味料で、そのままお肉やお魚のソースとしてかけたり、ドレッシングしたりとアレンジ自在!


基本の発酵玉ねぎのレシピ

↑↑作り方を動画で紹介しています!

材料【作りやすい分量】
たまねぎ正味200g
6g ※たまねぎの重さの3%
100cc

※調理時間に発酵の時間は含まれません。

作り方【調理時間:5分】
  1. たまねぎはみじん切りにする。
  2. ジッパー付きの保存袋に玉ねぎを入れ、塩を加えて、袋の外側から揉んでなじませる。
  3. さらに水を加えて全体に塩を回す。
  4. 全体に混ざったら、空気を抜きながら袋の口を閉じる。
  5. 袋のままバットに乗せて、日の当たらない涼しい場所で発酵させる。
    春から夏なら1~3日間、寒い時季は、6日間ほど発酵させる。
  6. 汁が白く濁ってきたら味をみて、辛みがなくなり酸味が出ていれば、発酵玉ねぎの完成です。清潔な容器に移し、冷蔵庫で保存します。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

発酵玉ねぎを使ったアレンジレシピ

まぐろのさっぱりたたきあえ

【材料(2人分)】
まぐろ(刺身用) 100g
発酵たまねぎ 大さじ2~3
青じそ 3枚
しょうゆ 適量

1、まぐろは細切りにしてたたく。
2、青じそはせん切りにする。
2、ボウルにまぐろと青じそを入れ、発酵たまねぎを加えて混ぜる。食べる時にしょうゆをたらして頂きます。

鶏むね肉のやわらかから揚げ

発酵玉ねぎの唐揚げ

発酵玉ねぎの酵素で、鶏胸肉がしっとり柔らかく仕上がります!

【材料(2人分)】
鶏むね肉 1枚
発酵たまねぎの汁 大さじ2~3
かたくり粉 適量
揚げ油 適量

<A>
汁気を切った発酵たまねぎ 50g
ポン酢しょうゆ 大さじ1+1/2
すりごま 大さじ1

1、鶏肉は食べやすい大きさにそぎ切りにする。
2、ポリ袋に鶏肉と発酵たまねぎの汁を入れて軽く揉み、口を縛って冷蔵庫で30分間以上寝かせる。
3、鶏肉の汁気を切って、全体にかたくり粉をまぶす。
4、170℃に熱した揚げ油に鶏肉を入れる。弱めの中火で5分間ほど揚げ、最後に強火にしてカラッと仕上げる。
5、油をしっかりきって皿に盛りつけ、<A>をかけたら完成です。


オニオングラタンスープ

【材料(2人分)】
発酵たまねぎ 100g
発酵たまねぎの汁 大さじ2
バター 12g(大さじ1)
薄めに溶いたコンソメスープ 300cc
バゲット(3cm厚さ) 2枚
粉チーズ 20〜30g
パセリ(みじん切り) お好みで

1、鍋にバターを入れ、汁けを切った発酵たまねぎを入れる。強めの火で焼き付けるように2分間ほど炒める。
2、(1)に発酵たまねぎの汁を加えてトロッとさせる。コンソメスープを加え、2〜3分間煮る。
3、耐熱容器2つに、オーブントースターでこんがりと焼いたバゲットを1枚ずつ入れる。スープを半量ずつ注ぎ、表面に粉チーズを振る。
4、オーブントースターで10分間ほど、表面に焼き色がつくまで焼く。
5、仕上げにお好みでパセリを散らせば完成です。

豚肉とにんじんときのこの発酵たまねぎ炒め

【材料(2人分)】
豚こま切れ肉 150g
にんじん 1/2本(60g)
お好みのきのこ(エリンギ、まいたけなど)100g
サラダ油 大さじ1

<A>
発酵たまねぎ 大さじ5
みそ 大さじ1.5

1、<A>は混ぜ合わせておく。
2、にんじんはピーラーで縦に薄切りにする。きのこは石づきや根元を切り落とし、食べやすく切るか、ほぐす。
3、フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚肉を炒める。
4、豚肉の色が変わったらニンジン、きのこを入れて炒める。
5、にんじんがしんなりとしたら、肉を加え、炒め合わせて全体になじませる。
6、お皿に盛り付けて、完成です。

発酵たまねぎと納豆の油揚げはさみ

【材料(2人分)】
油揚げ 2枚
発酵たまねぎ(水分はきる)大さじ2
納豆(ひきわり) 1パック(40g)
マヨネーズ 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
粒マスタード 小さじ1

1、ボウルに納豆、発酵たまねぎ、しょうゆ、粒マスタード、マヨネーズを入れてよく混ぜる。
2、油揚げはオーブントースターでカリッとするまで焼く。
3、焼きあがった油揚げを半分に切り、(1)を挟めば完成です。。

まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ごごナマの記事一覧を見る



レシピカテゴリの最新記事