平野レミさんのペテンダックのレシピ。鶏肉で北京ダック風に!【食べれば北京ダック】

平野レミさんのペテンダックのレシピ。鶏肉で北京ダック風に!【食べれば北京ダック】

平野レミ北京ダック

我が家でも大人気!料理研究家の平野レミさんが考案された「ペテンダック」のレシピをご紹介します。お手頃な鶏もも肉を、本場のアヒルの代わりに使用した北京ダック風という意味で、ネーミングされました。重石を乗せてパリッと焼き上げた皮に、特製甘味噌ダレを塗り、春巻きの皮で包んでいただきます。本場の味に負けない美味しさを楽しめますよ。

平野レミさんの人気料理「食べればシリーズ」のひとつです。安価で手に入りやすい鶏肉で代用できて、見た目も華やか!おもてなしにもピッタリです。

情報参考元:NHKきょうの料理、TBS系モニタリング


平野レミさんの食べれば北京ダック

↑↑作り方を動画で紹介しています!

材料【3~4人分】
市販の春巻の皮 (小さいサイズ)8~10枚
鶏もも肉(室温に戻す) 1枚(400g)
きゅうり1本
長ねぎ1/2本
香菜1/2ワ
少々
こしょう少々
少々
ごま油大さじ1
<A>
はちみつ大さじ2
甜麺醤大さじ1
しょうゆ小さじ1
五香粉8ふり

作り方【調理時間:30分】
  1. きゅうりはヘタを除いて、5cm長さのせん切りにする。ねぎは5cm長さに切って縦に切り目を入れ、芯を除いてせん切りにする。春巻の皮は半分に切って1枚ずつたたむ。
  2. 鶏肉は室温に戻し、余分な脂肪を除いて筋を切る。皮側を包丁で数か所突いて切り目を入れ、両面に塩・こしょう・酒(各少々)をふる。
  3. フライパンにごま油を弱めの中火で熱し、鶏肉の皮側を下にして入れる。アルミホイルをかぶせて重石をのせ、7分間ほど焼く。(水を入れた底の平らな鍋を置くと良い)
  4. しっかり焼き目がついたら、重石を外して脂を拭きとる。
  5. 鶏肉をひっくり返して、さらに2分間ほど焼く。
  6. <A>を混ぜ合わせ、たれをつくる。
  7. 焼きあがった鶏の皮を下にして食べやすく切り、器に盛り、たれを適量ずつ塗る。
  8. きゅうり、白髪ねぎ、パクチーを添える。
  9. 残ったたれと五香粉(分量外)を添えたら完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

平野レミペテンダック



平野レミさんのプロフィール

シャンソン歌手を本業としながら、料理上手が評判を呼び「料理愛好家」としてテレビ、雑誌など多方面で活躍。アイデアあふれる、おいしくて楽しい料理が人気。キッチングッズの開発を手がけるほか、全国の特産物を用いた料理で全国の村(町)おこしにも参加し好評を得ている。

【平野レミさん著書その他】


レシピカテゴリの最新記事