【にじいろジーン】ミシュランシェフ考案の創作フレンチレシピ。水菜の鶏白湯風鍋、ムニエル、ぶりの焼き霜(11月23日)

【にじいろジーン】ミシュランシェフ考案の創作フレンチレシピ。水菜の鶏白湯風鍋、ムニエル、ぶりの焼き霜(11月23日)

2019年11月23日のフジテレビ系『にじいろジーン』~ふるさとクッキング~で放送されたミシュランシェフ考案の本格フレンチレシピをご紹介します。今回訪れたのは京都府伊根町。みずなをメインに食べられる絶品鶏白湯鍋や、ぶりの焼き塩ネギソースなど!



白身魚の簡単ムニエル

材料【2人分】
白身魚の切り身2切れ
トマト(大)1個
ほうれん草1束
小麦粉適量
バター60g
サラダ油適量
適量
大さじ1
みりん小さじ1
醤油大さじ1
作り方【調理時間:20分】
  1. 魚の切り身に塩をふり、小麦粉を軽くまぶす。
  2. トマトは厚めに切る。
  3. ほうれん草はさっと茹でて食べやすく切る。
  4. フライパンで熱したサラダ油にバター(15g)を加えて、バターが泡立ったら魚の切り身を焼く。泡だった状態をキープしながら焼くことで外はカリッと中はふっくら仕上がります。
  5. 白身魚が焼きあがった、取り出す。同じフライパンに少し油を加え、トマトに小麦粉をふってから並べて両面焼く。
  6. フレンチソースを作る。 バター(45g)を鍋に入れ、色が焦げ茶色に変わり、キャラメルの様な香りがしてくるまで中火で熱する。
  7. 火を止めて(A)を入れ、素早くかき混ぜる。
  8. 茹でたほうれん草と焼きトマトを皿にのせ、その上に焼いた白身魚をのせる。フレンチソースをかけて完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

たっぷり水菜のフレンチ風白湯鍋

材料【2人分】
水菜2束
鶏もも肉1枚
油揚げ2枚
じゃがいも1個
牛乳85ml
お湯600cc
コンソメキューブ2個
バター70g
適量
胡椒適量
作り方【調理時間:30分】
  1. 白湯スープを作る。鍋にお湯に沸かし、コンソメを入れて溶かす。
  2. 皮を剥いてすり下ろしたじゃがいもと牛乳を加え、塩、胡椒で味を調える。最後にバターを加えて溶かす。
  3. 食べやすく切った鶏肉、油揚げを加えひと煮立ちさせる。
  4. 食感が残るように最後に水菜を加えたら、完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

ブリの焼き霜ネギソースがけ

材料【2人分】
ブリ(生食用)250g
1個
青ネギ3束
バター適量
うす口醤油大さじ2
オリーブオイル大さじ2
小さじ2
適量
ラディッシュ2個
作り方【調理時間:20分】
  1. ラディッシュは薄くスライスする。葉はざく切りにする。
  2. ブリの切り身の片面のみに軽く塩を振る。
  3. フライパンにオリーブオイルをひき、ブリを塩を振った面だけ強火で10秒ほどさっと焼く。
  4. ネギソースを作る。ネギを10cmほどの長さに切り、フライパンで焦げ目がつくまで炒める。
  5. 焼いたネギをみじん切りにし、ねばねば感が出てきたらオリーブオイルとうす口醤油を混ぜる。
  6. お皿にブリを盛り、ネギソースをかける。
  7. 卵白を混ぜて泡立たせ、さらに塩・酢を加えて混ぜる。ふわふわになったらネギソースの上からかける。
  8. ラディッシュを飾れば完成です。
※ 電子レンジ使用の場合、特に記載がなければ600wになります。500wは1.2倍、700wは0.8倍の時間で対応して下さい。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。



レシピカテゴリの最新記事