【モーニングショー】インナーマッスルを鍛えるトレーニング方法。肩こり、腰痛、ぽっこりお腹を解消!(11月15日)

【モーニングショー】インナーマッスルを鍛えるトレーニング方法。肩こり、腰痛、ぽっこりお腹を解消!(11月15日)

モーニングショーインナーマッスル

2019年11月15日のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』で放送されたインナーマッスルの鍛え方と効果をご紹介します。長引く肩こりや腰痛の原因となるとして近年注目されているのが「インナーマッスル」。教えてくれたのは早稲田大学スポーツ科学学術院教授の金岡恒治さんです。

(一部情報参考元:NHKあさイチ)


インナーマッスルとは

インナーマッスルとは、体の奥にある関節や内臓を支える筋肉です。

力を入れるための筋肉がアウターマッスルと呼ぶのに対し、生活をするための筋肉をインナーマッスルと考えられています。

主なインナーマッスルとしては、

・腹横筋(ふくおうきん)
・多裂筋(たれつきん)
・横隔膜(おうかくまく)
・骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

といったものがあります。

インナーマッスルが衰えてくると、骨を支えることができなくなり、背中が丸まって二足歩行がしにくくなったり、最終的には寝たきりになってしまう可能性もあるそうです。

インナーマッスルが原因で起きる不調

日本人の多くが悩みを抱えているのが、男女ともに肩こり・腰痛です。

レントゲンやMRIなどで原因が分かる腰痛が全体の15%に対し、それらの検査で異常が見つからない腰痛は85%もあると言います。

そして、その多くはインナーマッスルの衰えが原因と考えられるとのこと。

インナーマッスルの簡単チェック法

1、四つん這いになり、片足を上に上げる

2、続いて反対側の足を上げる

これを骨盤が動かないように意識しながら交互に繰り返します。インナーマッスルがきちんと動かせている人は難なくできますが、繰り返すのに苦労する場合はうまく使えていない可能性があるそうです。

腰痛の原因は腹横筋

腰痛の原因となるのはアウターマッスルの脊柱起立筋の炎症ですが、その元となるのがインナーマッスルである腹横筋の衰えです。

この腹横筋を鍛えには、お腹に力を入れて、お尻の穴をキュッと引き締めるという方法が効果的。

1、へその下をへこますように意識して力を入れる。

2、お尻の穴をキュッとすぼめる。

行うのは1瞬でOK。というよりも、何かの動作のタイミングで、ついでにやるように習慣づければ、3か月ほどで腹横筋が自然と使えるようになるのだそう。


肩こりの原因は菱形筋

肩こりの原因はアウターマッスルの僧帽筋の炎症ですが、そのもととなるのがインナーマッスルである菱形筋(肩甲骨の内側の筋肉)です。

この菱形筋を鍛えるのが「肩甲骨クローズ」というトレーニング方法です。

1、手のひらを内側に向けて両腕を上げる。

2、3秒かけて外側に向けながら腕を下げる。

3秒ずつ10往復を1セットとし、1日5回を目安として行ってください。

また、もう一つのトレーニング方法として紹介されたのが「ギューストン体操」です。

1、両肩をぎゅーっと持ち上げる。

2、力を抜いて一気にストンと落とす。

この時に筋肉を使う⇒リラックスする、を繰り返すので、肩の緊張をほぐすのに効果が期待できます。

1日3回を目安として行ってください。

ぽっこりお腹の原因は骨盤底筋群

骨盤底筋群とは内臓や脂肪を下から支え、正しい位置を保つ働きをするインナーマッスルです。

ここが衰えると内臓が下がり、ぽっこりお腹や、尿漏れ、便秘の原因となってしまいます。

骨盤底筋群の鍛え方は、

呼吸をしながらへその下(丹田)から恥骨に意識を集中する。(尿を途中で止めるようなイメージ)

これを上記の腹横筋と連動して鍛えるとより効果的とのことです。

長嶋一茂さんオススメのトレーニング方法

元プロ野球選手の長嶋一茂さんがおすすめする、全てのインナーマッスルを同時に鍛えられる方法です。

1、四つん這いになり、ひじをつく。

2、膝を上げて体を浮かせ、まっすぐに保つ。

この時、体を上下に動かしても無理なく動くのが理想的な体勢です。手のひらを上にむけて握り、足も上からおろすようにヒザを着くと良いそうです。

かなりキツイ体勢ですが、上記のインナーマッスル全てに加え、体幹を同時に効率よく鍛えられるので効果的とおっしゃっていました。


まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。インナーマッスルは最近よく聞く言葉ですが、体を鍛えるのに効果的であることがよく分かりますね。他にも、ゆっくりとラジオ体操を行うこともオススメと言われていました。ぜひ参考にしてみてくださいね。



健康カテゴリの最新記事