【ゲンキの時間】トマト&パプリカの健康効果!おすすめの食べ方とレシピも紹介(7月7日)

【ゲンキの時間】トマト&パプリカの健康効果!おすすめの食べ方とレシピも紹介(7月7日)

2019年7月7日のTBS系『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送された赤い野菜「トマト」と「パプリカ」の健康パワー&おすすめの食べ方をご紹介します。


トマトの健康効果

ゲンキの時間トマト

リコピンで若返り

トマトの赤い色素成分「リコピン」は、夏野菜の中でも特に抗酸化力が高く、カボチャなどに含まれるビタミンEの100倍以上も含まれています。

活性酸素を除去し、万病の元なる細胞の酸化を抑えてくれるため、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化の予防や、美肌効果が期待できます。

GABAで高血圧予防

トマトに含まれるGABAには、血圧を下げる働きがあり、高血圧で悩む人にオススメの食材です!

おすすめの食べ方

トマトは加熱調理することで、リコピンの吸収率を高めることができます。

さらにオイルや玉ねぎ、ニンニクを加えると、より吸収率をがアップ!

摂取するタイミングは、朝食が最も効果的です。

また、トマトはお酒のおつまみにもおすすめなんです。肝機能を高め、アルコール代謝を促すため二日酔い防止になります。

当サイトでは、平野レミさんの「牛トマ(トマトと牛肉の簡単煮込み)」が大人気です。良ければこちらもご覧ください!

【モニタリング】平野レミさんの牛トマの作り方・レシピ動画。牛肉&完熟トマトのフライパンひとつで簡単レシピ(5月23日)
2019年5月23日のTBS系列『モニタリング』、平野レミ&DAIGOのモニタリングクッキングのコーナーで放送された「牛トマ」の作り方をご紹...


パプリカの健康効果

ゲンキの時間パプリカ

ビタミンA・C・E

赤いパプリカは、ビタミンA・C・Eが他の色のパプリカと比べて最も多く含まれています。ビタミンAは、黄色の5倍。ビタミンCは、レモンやブロッコリーよりも豊富です。また、赤パプリカのビタミンA・C・Eは、それぞれが、抗酸化力を持っています。

カプサンチン

赤パプリカの色素成分「カプサンチン」は、抗酸化力を持っており、脂肪燃焼効果もあります。

ビラジン

パプリカのワタに含まれるビラジンは、血液をサラサラにし、血巡りを良くする効果が期待できます。

おすすめの食べ方

パプリカのつくだ煮

<材料(2人前)>
赤パプリカ  2個
ショウガ 1片
かつお節 5g~
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1

1、ショウガを千切りにして鍋に入れ、しょうゆ、みりん、酒、砂糖を加えてひと煮立ちさせる。

2、細切りにしたパプリカを入れて煮る。

3、煮汁が無くなってきたら、かつお節を入れ、全体になじませたら、完成です。

パプリカのきんぴら

<材料(2人前)>
赤パプリカ 2個
黄パプリカ 1個
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
顆粒和風だし  小さじ1/2
ごま油 大さじ1
白いりごま 適量

1、パプリカを細切りにする。

2、熱したフライパンにごま油を入れてパプリカを炒める。

3、調味料を全て入れ、汁気が無くなるまで炒める。

4、白いりごまを入れ、全体になじませたら、完成です。


まとめ&感想

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回は健康カプセルゲンキの時間で話題となった赤い野菜、トマトとパプリカの健康パワーとおすすめの食べ方についてご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


2019/7/7


レシピカテゴリの最新記事