【あさイチ】製氷機のカビ対策。クエン酸で給水タンクの掃除する方法。冷蔵庫の自動製氷機に【クイズとくもり】(7月2日)

【あさイチ】製氷機のカビ対策。クエン酸で給水タンクの掃除する方法。冷蔵庫の自動製氷機に【クイズとくもり】(7月2日)

2019年7月2日のNHKあさイチ「クイズとくもり」~夏のおとも“氷”をおいしくいただく~で放送された冷蔵庫の自動製氷機の掃除方法をご紹介します。便利な自動製氷機能ですが、実は掃除が行き届きにくく、カビが生えやすい場所。知らず知らずのうちにカビを摂取し続けると健康被害の原因にもなってしまいます。


製氷機にはカビが潜んでいる!?

あさイチ 氷

便利な機能である冷蔵庫の自動製氷機。実は掃除がしにくく、カビが繁殖しやすい場所なんです。ほとんどの冷蔵庫の説明書には、給水タンクやフィルターなど、こまめな掃除を推奨しています。

そこで今回あさイチでは、汚れ落としのスペシャリスト、マツジュンこと松浦純子さんに正しい掃除のやり方を教えていただきました!

製氷機の掃除のやり方

用意するもの
柔らかい布
クエン酸(食用)

給水タンク

1週間に一度が目安。

給水タンクを取り出し、洗剤をつけずに柔らかい布で優しく四隅まで洗う。

柔らかい布やスポンジで優しく洗うことがポイント!傷がつくとそこに汚れが溜まり、カビが繁殖しやすくなります。

貯氷ケース

3か月に一度が目安。

貯氷ケースを取り出し水洗いする。

取っ手のところは人の手あかがつきやすく、汚れが溜まりがちです。

製氷皿

1年に一度が目安。

製氷皿を取り出して水洗いする。


給水パイプ

1~2か月に一度が目安。

1、水道水300ccに対し、クエン酸10gを混ぜて溶かし、これを給水タンクに入れる。

クエン酸は水垢(炭酸カルシウム)と反応し、炭酸水素カルシウムに変化します。炭酸水素カルシウムは水に溶けやすいので、パイプの中まで掃除することができます。

※7/5番組より、クエン酸の量が30g⇒10gに変更されました。(家庭用冷蔵庫の場合、クエン酸が固まってしまう可能性があるため)

2、出来た氷は取り出して捨てる。
(氷は食べられませんが、排水に流せば雑菌繁殖の予防になります)

他の掃除テクニックはコチラ


まとめ&感想

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回はあさイチで話題の自動製氷機の掃除方法についてご紹介しました。水しか使っていないから汚れない・・・と思いがちですが、実はカビの温床だったとは、怖いですね。ぜひ参考にしてみてください。



生活カテゴリの最新記事