【男子ごはん】桜エビと塩昆布の和風チャーハンの作り方。大人気!炒飯&ギョーザのレシピ(6月23日)

【男子ごはん】桜エビと塩昆布の和風チャーハンの作り方。大人気!炒飯&ギョーザのレシピ(6月23日)

2019年6月23日のテレビ東京系『男子ごはん』~大好評のチャーハン&餃子シリーズ第12弾~で放送された「桜エビと塩昆布のチャーハン」の作り方をご紹介します。味付けに塩昆布を使い、桜エビの風味が活きた和風テイストの炒飯レシピです。


桜エビと塩昆布の和風チャーハン

桜海老と塩昆布のチャーハン

材料(2人分)

塩昆布 25g
桜海老 15g
ラード 大さじ1
にんにく、生姜(みじん切り)各1片
万能ねぎ 6本
卵 2個
ごま油 大さじ1/2
赤唐辛子(小口切り)小さじ1
かために炊いたご飯 440g
塩 適量


作り方

1、塩昆布は包丁で細かく刻む。

塩昆布を調味料として使うことで、味付けいらずで簡単!

2、卵はボウルに割り入れて溶く。

3、万能ねぎは小口切りにする。

4、熱したフライパンにラードを入れて溶かす。溶け始めたらごま油も入れて合わせる。

ラードとごま油を使うことでコクと香りがアップする!

5、生姜とニンニクを入れて炒める。香りが出てきたら(2)の卵を加えて、すぐにご飯を加えてへらで押し付けながら広げる。

6、卵とご飯をほぐしながらよく炒める。

7、パラパラになって全体が合わさったら赤唐辛子、桜エビ、塩昆布を入れて手早く炒める。

8、桜エビの香りが立ってきたら味をみて、塩加減がちょうど良ければ万能ねぎを加えて混ぜる。(塩味が足りなければ塩を足して調整)

9、火を止めて丸い器に入れ、軽くへらで押し付ける。お皿にひっくり返す盛り付けたら完成です。

男子ごはんのレシピ一覧


まとめ&感想

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回は男子ごはんで大人気のチャーハン&餃子企画のレシピについてご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


男子ごはんの最新レシピ本

2019年4月20日発売の最新「男子ごはん」レシピ本です!

●特別な日のごちそうに。素材の旨みが際立つ、彩り豊かで本格的な“鶏と魚介のパエリア”
●たっぷりのねぎが主役の、新感覚の酸っぱい鍋。シメまで美味しい“鬼ねぎ黒酢鍋”
●昭和の洋食屋さんの定番メニューを家で再現。懐かしい味わいの“オムハヤシ”
●定番の組み合わせに一工夫。花椒や豆板醤、干しエビの風味が広がる“牛肉チャーハン&干しエビ餃子”
●四季折々の食材をたっぷり使った、やさしい味わいの主菜・副菜・汁物“季節の和定食”
●マカオの定番料理を味わうグルメ旅!現地で学んだ料理を生かした、持ち帰りレシピ2品
●豪華ゲスト多数出演!ゲストが披露した絶品レシピの数々をすべて掲載


男子ごはん
放送局:テレビ東京
日曜11時25分~11時55分
出演者:国分太一、栗原心平

レシピカテゴリの最新記事