【にじいろジーン】冷めても美味しい野菜炒めのレシピ。水島弘史先生の低温調理術(6月22日)

【にじいろジーン】冷めても美味しい野菜炒めのレシピ。水島弘史先生の低温調理術(6月22日)

2019年6月22日のフジテレビ系『にじいろジーン』で放送された冷めても美味しい野菜炒めの作り方をご紹します。教えてくれたのは低温調理術が話題の水島弘史先生。篠原涼子さんが挑戦しました!


水島シェフの冷めても美味しい野菜炒め

水島 野菜炒め

低温調理なら、野菜がシャキシャキに仕上がります。

材料(2人分)

キャベツ 50g
ピーマン 30g
赤パプリカ 60g
もやし 120g
ニンジン 60g
サラダ油 大さじ2
豚ロース肉 60g

<A>
塩 2g
日本酒 8g
しょうゆ 小さじ1
ゴマ油 小さじ1
コショウ 小さじ1


作り方

1、野菜は食べやすい大きさに切る。にんじんはさっと下茹でして水気を切り、他の野菜と一緒に冷たいフライパンに入れる。

2、上からサラダ油を回しかけ、弱火にかける。箸で混ぜながらゆっくり炒める。

野菜には低温からゆっくりと加熱するとかたくシャキシャキになる性質があります。

3、別のフライパンで豚肉を弱火でじっくり焼き、火が通ったら(2)に加える。

4、<A>を加えて強火にし、さっと炒め合わせたら完成です。


同じ日に放送されたレシピ

低温調理で 冷めても美味しい唐揚げレシピ

水島 からあげ

低温調理なら、お肉が柔らかく仕上がります。

 
 

低温調理で 冷めても美味しいカレイの煮付け

にじいろジーン カレイの煮付け

低温調理で、魚を柔らかく煮崩れを防ぐことができます。

 
 


 

まとめ&感想

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回はにじいろジーンで紹介された水島シェフの低温調理レシピ、シャキッとしあがる野菜炒めの作り方についてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


水島弘史先生のプロフィール
料理科学研究家。1967年福岡県生まれ。
大阪あべの辻調理師専門学校卒業、同校フランス校卒業後ジョルジュブランで研修。帰国後東京恵比寿「ラブレー」に勤務、94年より3年間シェフを務める。その他視野を広げるべくさまざまな食産業に務め、2000年7月、恵比寿にフレンチレストラン「サントゥール」を開店。後に「エムズキッチンサントゥール」と改め、2009年4月まで営業。また94年から料理教室の講師も務め、自店開店からはレストランと同時に料理教室も開催、2004年から科学的調理理論を取り入れた独自の調理指導を始め、大学、企業の研究所にもデータを提供、新メニューの開発や調理システムのアドヴァイスも行う。

水島弘史先生の著書
水島弘史先生のレシピ本も大人気です!


レシピカテゴリの最新記事