【にじいろジーン】鶏の唐揚げを低温調理で美味しく作るレシピ!水島弘史先生の冷めても美味しい料理(6月22日)

【にじいろジーン】鶏の唐揚げを低温調理で美味しく作るレシピ!水島弘史先生の冷めても美味しい料理(6月22日)

2019年6月22日のフジテレビ系『にじいろジーン』で放送された冷めても美味しい鶏の唐揚げの作り方をご紹します。教えてくれたのは低温調理術が話題の水島弘史先生。篠原涼子さんが挑戦しました!


水島シェフの冷めても美味しい唐揚げレシピ

水島 からあげ

低温調理なら、お肉が柔らかく仕上がります。

材料(2人分)

鶏もも肉 200g

<A>
溶き卵 15g
片栗粉 15g
しょうゆ 15g
日本酒 8g
おろし生姜 10g
塩 1g
こしょう 5回転
砂糖 4g
おろしにんにく 4g

油 適量
片栗粉(打ち粉用)適量


作り方

鶏肉の臭みとり
冷めると臭いが気になることもある鶏肉ですが、食塩水で臭みをとることができます。
1、フライパンに、1リットルの水に対して塩8g(0.8%)を加えた食塩水をはる。
2、鶏もも肉を一口大に切り、(1)につける
3、中火よりやや弱い火で、45℃くらいまでゆっくり加熱する

1、臭みをとった鶏もも肉をボウルに入れて<A>を合わせる。

 しっかりも見込んだら約10分間漬けおく。

2、フライパンに油を1センチほど入れ、火をつけずに片栗粉をまぶした(1)の鶏肉を並べる。さらに上から油を注ぎ、鶏肉が浸かるようにする。

3、中火にかけ、80℃の油で約10分間かけてゆっくりと鶏肉に火を入れていく。

肉は急激に温度が上がると「水分」を放出してしまい、固くなってしまいます。冷たい油からじっくりと加熱することで、しっとりジューシーな仕上がりに!

4、唐揚げを一度取り出し、油を強火にかける。

5、180度に温まったら、20秒ほど揚げたら完成です。

二度揚げすることでカリっと仕上がります。

SNSの反応


同じ日に放送されたレシピ

低温調理で 冷めても美味しいカレイの煮付け

にじいろジーン カレイの煮付け

低温調理で、魚を柔らかく煮崩れを防ぐことができます。

 
 

低温調理で 冷めても美味しい野菜炒め

水島 野菜炒め

低温調理なら、野菜がシャキシャキに仕上がります。

 
 


 

まとめ&感想

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回はにじいろジーンで紹介された冷めても美味しい唐揚げレシピについてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


水島弘史先生のプロフィール
料理科学研究家。1967年福岡県生まれ。
大阪あべの辻調理師専門学校卒業、同校フランス校卒業後ジョルジュブランで研修。帰国後東京恵比寿「ラブレー」に勤務、94年より3年間シェフを務める。その他視野を広げるべくさまざまな食産業に務め、2000年7月、恵比寿にフレンチレストラン「サントゥール」を開店。後に「エムズキッチンサントゥール」と改め、2009年4月まで営業。また94年から料理教室の講師も務め、自店開店からはレストランと同時に料理教室も開催、2004年から科学的調理理論を取り入れた独自の調理指導を始め、大学、企業の研究所にもデータを提供、新メニューの開発や調理システムのアドヴァイスも行う。

水島弘史先生の著書
水島弘史先生のレシピ本も大人気です!


レシピカテゴリの最新記事