【名医の太鼓判】肩甲骨はがしのやり方!1分で出来る肩こり改善&解消ストレッチ

【名医の太鼓判】肩甲骨はがしのやり方!1分で出来る肩こり改善&解消ストレッチ

名医のTHE太鼓判,肩甲骨はがし

2018年7月16日放送のTBS系『名医のTHE太鼓判』では、肩こりの改善対策として話題の10秒でできる「肩甲骨はがし」が特集されました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。


肩甲骨が原因で肩こりや猫背になる

 
肩甲骨は背中の上部にある大きな骨で、左右に羽のようについています。

腕の上げ下げや腕を回すといった腕の運動とほぼ連動し、その自由な動きをサポートする役割がある大事な部分です。

腕を動かすときに使われる肩甲骨ですが、日常生活の動きだけではあまり使うことがありません。

さらに現代人はデスクワークや、パソコンスマホの操作により前かがみの姿勢が長時間続くので、肩甲骨はより動かなくなってしまいます。

また年齢とともに筋肉は衰えていき、本来宙に浮いている状態であるはずの肩甲骨が、体の内側にへばりついたような状態になり、猫背になってしまいます。

また、肩甲骨の動きが悪くなれば、その周囲の筋肉の血行も悪くなり、肩こりの原因ともなってしまうのです。

そこで、今回の放送では、肩甲骨はがしというストレッチを行うことにより、肩こりを劇的に改善する方法が紹介されました。

肩甲骨の可動域チェック法

自分の肩甲骨がどれくらいの可動域を持つのかをチェックします。

1、まっすぐに立ち、かかとを壁につける。

2、背中と頭も壁につける。

3、壁に腕をつけたまま、
 手のひらを返さず
 ゆっくりと両手をあげる。

名医の太鼓判,肩甲骨

腕が上がった角度が

60~90度 問題なし
45~60度 要注意
0~45度 ガチガチ

という結果になります。

肩甲骨はがし①窓拭き体操

肩甲骨はがし体操の最も基本的な動きになります。

1、壁に向かって真っすぐ立つ。

2、右手を左に伸ばし、手のひらで
 大きな円を描くように動かす。

3、逆の手も同様に動かす。

名医の太鼓判,窓拭き体操

できるだけ遠くの窓を拭くようにイメージし、大きな動きをすることが大切です。

肩甲骨はがし②肩回し体操

上下左右に3次元的に肩甲骨を動かすことができる体操です。

1、まっすぐに立ち、
 肩よりもひじを高く上げる。

2、後ろに向けて
 腕をゆっくりと回す。

名医の太鼓判,肩回し体操

名医の太鼓判,肩回し体操

窓拭き体操に加え、この肩回し体操を行うことで劇的に肩こりが改善したそうです。

それぞれの体操を各3回ずつ、朝晩行うと効果的とのこと。

1週間ほどで効果が出てくるそうなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


まとめ&感想

肩こりってなかなか治らず、辛いものですよね。かといって今の時代にスマホやパソコンは手放せません。上手に対策して、つらい肩こりから解放されたいものです。



健康カテゴリの最新記事