【ヒルナンデス】ヨーグルトパワーで元気に!糖質バテを予防するには食前に食べる!

【ヒルナンデス】ヨーグルトパワーで元気に!糖質バテを予防するには食前に食べる!

ヒルナンデス,ヨーグルト

2018年6月28日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス』、では今大注目のヨーグルトパワーについて特集されました。医学博士の梅舟仰胤(うめふね ぎょうたね)先生が教えるヨーグルトの健康効果についてまとめましたので、ご紹介します!





糖質バテとは

糖質バてとは、糖質を摂り過ぎてしまい起こる不調のことです。

放っておくとシワやたるみといった美容的なものから、糖尿病や心筋梗塞といった深刻な病の原因にまでなってしまいます。最悪の場合、突然死を招いてしまうことも…

糖質バテの原因はご飯やパン、麺類などに多く含まれる糖質の取り過ぎによる血糖値の急上昇です。

特に夏場は食欲がなく、さらっと食べられる麺類に頼ってしまいがちなので要注意のシーズンなのです。

 
ヨーグルトといえば、整腸作用や腸内環境の改善といった効果が有名です。

これにより

・美肌
・便秘改善
・骨粗しょう症予防
・風邪予防

といったことにも期待がされています。

乳酸菌は酸に弱いため、空腹時に食べてしまうと胃酸にやられてしまいます。

目次にもどる

糖質バテの潜在リスクチェック

まずは自分が糖質バテの可能性がないかどうか、確認してみましょう。

以下の項目で、当てはまる数をチェックしてください。

・夏の食欲がない時に選ぶのは温かい麺類である
・食後に甘いものを頻繁に食べる
・食後は体を動かさないことが多い
・食後に眠くなることが何度もある
・睡眠不足になっている

この中でひとつでも当てはまる場合、糖質バテの可能性があるそうです。

温かい麺は冷たいものよりも胃腸の動きを活発にしてしまうため、より糖質を吸収してしまうとのこと。

目次にもどる

糖質バテを防ぐにはヨーグルトファースト

食前に無糖のヨーグルトを食べる(ヨーグルトファースト)ことで夏の糖質バテを押さえ、病気から体を守れる可能性があります。

実際に

・ご飯のみ
・無糖のヨーグルトを食べた後にご飯

という摂り方の2つに分けて検証した結果、

血糖値のヨーグルトを摂取した方が急激な上昇が押さえられたということが分かりました。

ヒルナンデス,ヨーグルト

しかも45分後には36%もの差が出たという結果になりました。

これはヨーグルトの乳酸菌が食べ物の消化を送らせて腸での糖の吸収を押さえ、またたんぱく質が腸管ホルモンの分泌を後押ししたことが要因とのこと。

これにより血糖値の急上昇をおさえて、糖質バテを防ぐ可能性があるそうです。

また、ダイエットのためにとベジタブルファーストが流行していますが、糖質バテを予防する目的であれば、ヨーグルトファーストの方がより血糖値の上昇を抑えることができるとのことでした。

目次にもどる

まとめ&感想

ヨーグルトは毎日食べているのですが、加藤のものを食後のデザートに摂ることが多かったので、健康のために食べ方を考えていこうと思いました。日に日に暑くなってくるので、夏バテにも気をつけたいものですね。皆さんもぜひ参考にしてみてください!

目次にもどる




ヒルナンデスカテゴリの最新記事