【きょうの料理】ポリ袋でなすのぬか漬けの作り方!荻野恭子さんのレシピ

【きょうの料理】ポリ袋でなすのぬか漬けの作り方!荻野恭子さんのレシピ

きょうの料理,ポリ袋でなすのぬか漬け

2018年6月21日放送のNHK『きょうの料理』では、料理研究家の荻野恭子さんがポリ袋で手軽に作れるぬか漬けレシピを教えてくれました。作り方をまとめましたので、ご紹介します!

ポリ袋のぬか漬け

 
材料(つくりやすい分量)
なす 3個

<ぬか床>
生ぬか 500g
にんにく、しょうが 各1かけ
※どちらも皮つきのもの
赤唐辛子 1本
大豆(乾燥)20g
塩 50g
水 500cc

捨て漬け用の野菜
大根・にんじんのヘタや皮、葉、キャベツの外葉など

ポリ袋(食品用)
横28×縦40cm、厚さ0.02mmが目安





作り方
1、ぬか床を作る。
 水以外の材料をポリ袋に入れる。
 水を少しずつ注ぎ、全体に
 水がしみこむまでざっと混ぜる。

2、ポリ袋の空気を抜きながら、
 ぬかの上で袋をねじるようにしてまとめる。

 片手で袋のねじり口を持ち、
 もう一方の手で袋の上から
 ぬかを混ぜる。

3、ぬかがしっとりとしたら
 捨て漬け用の野菜をぬか床に埋め、
 袋の空気を抜いて口を結ぶ。

 1日1回混ぜ、3~4日間暗くて涼しい場所に
 保管して発酵・熟成させる。

捨て漬け用の野菜は毎日変えると旨味が増します。取り出した野菜は刻んで食べられます。

4、なすはヘタを落とし、
 塩ひとつまみ(分量外)を
 まぶして揉む。

5、なすをぬか床の底に入れて
 完全に埋め、口を結ぶ。

 もう一枚のポリ袋で2重にする。

 暗くて涼しい場所に6~12時間置き、
 お好みの加減に漬ける。

 食べる時はぬかを洗い落とし、
 食べやすい大きさに切って器に盛る。

目次にもどる

パン床漬け(きじまりゅうた)

【きょうの料理】パン床漬けの作り方!食パンとビールで!きじまりゅうた&村上昭子さんのレシピ!
2018年6月21日放送のNHK『きょうの料理』では、料理研究家のきじまりゅうたさんが祖母の村上昭子さんが披露したパン床漬け...

目次にもどる

まとめ&感想

ぬかづけ美味しいですよね。作るのは大変なので、いつも食べたくなると買ってしまっていましたが、ビニール袋で手軽に作れるなら試してみたいです!発酵食品は体にも良いので、色々な野菜をつけて食べてみたいと思います。

目次にもどる




きょうの料理カテゴリの最新記事