【たけしの家庭の医学】腸の絨毛を増やして免疫力アップ!たんぱく質のチョイ足しで免疫力を増やす!

【たけしの家庭の医学】腸の絨毛を増やして免疫力アップ!たんぱく質のチョイ足しで免疫力を増やす!

たけしの家庭の医学,免疫力,絨毛

2018年6月12日放送のテレビ朝日系『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、弱った免疫力を上げる方法が特集されました。注目されたのは小腸に生えている”絨毛”。この絨毛を増やすことで免疫力を増やす方法をまとめましたので、ご紹介します!

免疫力は腸に

 
免疫力とは、体内に入ってきた敵を退治する免疫細胞の活力を示す指標です。

つまり、免疫力が高ければ、いつまでも健康を保てるということ。

ですが、免疫力は加齢とともに低下してしまいます。

70代では20代に比べて約半分にも減ってしまうとのデータも。

帝京大学医学部附属病院の福島先生によると、

免疫力アップのカギは腸に隠されていると言います。

腸といっても、

・小腸
食べたものの栄養を吸収し、体に送り込む

・大腸
栄養を吸い取った残りかすを便に変えて体外に排出する

の2つに分かれますが、免疫力アップにより大切なのは小腸です。

腸の中には絨毛(じゅうもう)と呼ばれる細かな毛がびっしり生えています。

この絨毛が沢山生えていれば免疫力が高く、少ないと免疫力が低いと考えらえます。

ですが、もし絨毛が少なくても、再生させて免疫力をアップさせることが可能なのです。

目次にもどる





絨毛とは

絨毛は小腸の内側に生えており、高さは1ミリ、太さは0.1ミリほどの極細い毛です。

小腸に食べ物と一緒に入ってくる毒素や病原菌が体内へ侵入するのを防ぐ役割を果たします。

小腸の絨毛を全て広げると、約200平方メートル(テニスコート1面分)にもなると言います。

人の全身の免疫細胞の約60%が小腸に存在しているといい、それを守っているのがこの絨毛なのです。

目次にもどる

絨毛を増やす方法

絨毛を増やすには、たんぱく質を上手に摂取することが大切です。

たんぱく質は肉や魚、卵などに多く含まれる栄養素ですが、この中に含まれるグルタミンが小腸の活性化に有効なのです。

体内に入ったグルタミンは小腸の重要なエネルギー源となり、絨毛を増やす働きをしてくれるのだそうです。

番組の検証では、絨毛の量が少なかった女性にたんぱく質のちょい足し生活を5日間送ってもらったところ、無事に絨毛を増やすことが出来ていることが判明しました。

例えば、

・みそ汁やコーンスープに生卵(たんぱく質約6.2g)
・トーストにチーズ
・マグロのたたきに生卵

という形で、普段の食事にたんぱく質を少しずつ足していきます。

これにより前回43.9だった絨毛検査では61(基準値45)と大幅にアップすることが出来ました!

目次にもどる

まとめ&感想

年を取ると肉を避けてしまう方が多く、それが絨毛の減少につながることもあるそうです。肉を食べるのが難しくても、チーズや卵などで上手にたんぱく質を摂取することが大切ですね。ぜひ参考にしてみてください!

目次にもどる

同じ日の記事

【たけしの家庭の医学】貧乏ゆすり(ジグリング)で腰痛&ひざ痛を解消!新原因は股関節にあった!
2018年6月12日放送のテレビ朝日系『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、つらい腰痛・ひざ痛を解消する方法が特集され...
【たけしの家庭の医学】筆記表現法で不眠を解消!不眠を紙とペンで改善する方法とは!?
2018年6月12日放送のテレビ朝日系『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、眠りの浅さや中途覚醒などの不眠症について特...

目次にもどる

人気の健康・美容記事

【金スマ】体幹リセットダイエットのやり方&動画!1日たったの5分!モデルが秘密にしたがるダイエット方法とは
2017年12月15日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』では、 「体幹リセットダイエット」を特集! 1日たっ...
【ごごナマ/きわめびと】猫背を治すストレッチ!1日3分の解消法!猫背になる原因とは?
2018年5月18日放送のNHK『ごごナマ/助けて!きわめびと』では、猫背の解消法が特集されました。猫背の原因、簡単セルフチ...
【シューイチ】スロー空手ストレッチのやり方&動画!しつこい肩こりも解消の3つのポイント!
2018年6月10日放送の日本テレビ系『シューイチ/中山のイチバン』では、しつこい肩こりも解消するという話題の「スロー空手ス...

目次にもどる




たけしの家庭の医学カテゴリの最新記事