【金スマ】医者が教える食事術!肉は食べても太らない?三角食べがNGの理由とは!?

【金スマ】医者が教える食事術!肉は食べても太らない?三角食べがNGの理由とは!?

医者が教える食事術,黒沢

2018年5月18日放送のTBS系『金スマ』では、43万部のベストセラー「医者が教える食事術 最強の教科書」の著者、牧田善二さんによる太らない食事法について紹介されました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。





医師が教える食事術とは

 
医者が教える食事術 最強の教科書とは、 エー・ジー・イー牧田クリニックの院長牧田先生が書いた本です。

牧田医師が20万人を診てわかったという「医学的に正しい食べ方68」が掲載されています。

その中には、巷で常識と考えられていた肉の脂=太る、三角食べは健康に良い、コレステロール値のために卵は1日1個までといったことに関して、ことごとく覆す理論が記載されているのです。

番組では、それを解説しつつ、森三中の黒沢さんが実際に食べ方をチャレンジし、体にどんな影響が出るのかを検証しました。

目次にもどる

卵1日1個はウソ!?

血液中のコレステロールが高いと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めると言われていました。そのため、コレストロールを多く含む卵は1日1個までというのが常識とされていましたが、22015年の厚生労働省と日本動脈学会がこれが間違いであったことを発表しました。

それによれば、食事によるコレストロール値の値は大きく変わることはなく、つまり何をどれだけ食べてもコレストロールが上がることはないのです。

体内のコレステロールのほとんどは肝臓で作られます。食事で摂った量に応じて、肝臓がコレステロールを調整してくれるのです。

牧田先生いわく、コレストロール値が高い人でも、2日に1個は食べた方が良い、健康な人なら1日1個以上、極端な話、1日10個でもOK。

卵はたんぱく質やビタミン、ミネラルを含んだ完全な栄養食材であり、生活習慣病の予防にもなるので、常識の範囲内であれば積極的に摂取するのがおすすめとのことです。

目次にもどる

三角食べはデブのもと!?

子供の頃に教えられた三角食べは同じものばかりを食べると行儀が悪いとされ、またバランスよく栄養を摂るために学校などでも積極的に始動されてきました。

ですが、医学的に考えた場合、この三角食べは太りやすい食べ方なのだそうです。

その理由は、

・炭水化物を早めに食べると血糖値が急上昇する。
・おかずと一緒に食べることでご飯をつい食べ過ぎてしまう
・ご飯に合わせたおかずは味付けが濃くなり、ご飯の量が増える

三角食べでは、一口目ではないにしても、かなり早い段階で炭水化物を口にします。

これが血糖値を上げ、脂肪を溜める原因になってしまうので、ダイエットを気にしている人はまずたんぱく質(肉や魚など)を食べてから、最低でも3分後に炭水化物を摂ると良いそうです。

目次にもどる

手作りフルーツジュースは健康に逆効果!?

フルーツジュースには脂肪を作りやすい果糖が多く含まれています。

果糖は米などの普通のぶどう糖と比べてエネルギーになりにくく、逆に中性脂肪として取り込まれやすくなっています。

つまり、太ってしまう糖分なのです。

コップ1杯のジュースを作るには、普通に食べるよりも多くのフルーツを使用します。フルーツジュースを日常的に飲むということは、知らず知らずのうちに多くの果糖を摂取してしまっているということ。

牧田先生いわく、果物はジュースにするのでなくそのまま食べるのがベスト。食事の最後にゆっくりと噛んで食べるのがおすすめとのことです。

目次にもどる

ダイエットのために油抜きはNG!?

カロリーが高く、体に悪いとイメージされ、摂取すると太ると思われてきました。

ですが、油の中の脂質によってむしろ代謝はアップするとのこと。

ごま油、えごま油、サラダ油、オリーブオイルなど、食物から作られた油には必須脂肪酸と言う物質が含まれています。

この必須脂肪酸は人間の体では作りだすことができず、食べることでしか体内に入れられません。

そしてこの必須脂肪酸は体内の脂肪を燃やす働きがあります。つまり、脂肪燃焼の着火剤となるのです。

油の中でも特におすすめなのはオリーブオイル

油は体内で酸化してしまうと有害物質になりますが、オリーブオイルは酸化しにくいという特徴を持っているとのこと。

目次にもどる

抜け毛予防にワカメは効果なし!?

髪の毛を増やしたい、抜け毛を少なくしたいという人はわかめなどの海藻類を食べると良いと言われてきましたが、

わかめはミネラルは多いのですが、たんぱく質が極端に少なく、髪の毛のもととなるケラチンという成分がほとんどありません。

髪の毛を増やしたいのであれば、ダイレクトにこのケラチンが多く含まれる亜鉛(牡蠣など)、たんぱく質(肉)、ビタミンB(魚)などを摂るように心がけましょう。

目次にもどる

美容のためにコラーゲンを食べても意味がない!?

コラーゲンはたんぱく質の一種で、細胞と細胞の間のクッションの役割をしています。

沢山あると肌がプルプルになり、逆に少ないとカサカサになってしまいます。

ですが、このコラーゲンは口から摂取しても消化の段階で分解され、アミノ酸になってしまいます。

人間の体にあるコラーゲンは全て自分の体内で作られたもの。このコラーゲンを作り出すの葉皮膚内部にある繊維芽細胞です。

美肌のためにコラーゲンを増やしたければ、この繊維芽細胞を活発にするしかありません。

そのエサになるのはビタミンAとビタミンC。

ビタミンA:バター、チーズ、海苔、うなぎなど
ビタミンC:レモンなどの果物、緑茶

これらを適切に摂取するのが美肌を作る第一歩になります!

※さらにその後の研究でコラーゲンは全てアミノ酸になるのではなく、一部がペプチドという状態になることが判明したとのこと。よって、コラーゲンを食べることが全く無駄だったわけではないようです。

目次にもどる

脂肪は食べても太らない!?

例えばカルビとオレンジを比べた場合、太りにくいのはカルビです。

牧田先生いわく、食べた脂肪はそのまま体の脂肪になるわけではありません。

食べた脂肪は細胞膜やホルモン、胆汁の材料になるなど、体内で様々な使い道があり、皮下脂肪として貯まる余地はほとんどないそうです。

そもそも脂肪は消化に時間がとてもかかるので、体内に吸収されにくいとのこと。

目次にもどる

まとめ&感想

本当に今まで信じていた色々なことが覆されました。卵が大好きなので、沢山食べてもOKというのはとても嬉しいです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次にもどる

人気の健康・美容記事

【金スマ】体幹リセットダイエットのやり方&動画!1日たったの5分!モデルが秘密にしたがるダイエット方法とは
2017年12月15日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』では、 「体幹リセットダイエット」を特集! 1日たっ...
【得する人損する人】玉ねぎヨーグルト+納豆でやせ酸が増える!ちょい足しでパワーアップ!ラクやせダイエット特集!
2017年12月14日放送の日本テレビ系『得する人損する人』では、 ぱいぱいでか美がラク痩せダイエットに挑戦! 前回大好評だ...
【ゲンキの時間】サバ缶と豆腐のアヒージョの作り方!認知症予防に!大豆の健康パワー!
2018年2月4日放送のTBS系『健康カプセル!ゲンキの時間』では、 血管・メタボ・脳に良い大豆パワーを特集! おいしくて認...

目次にもどる




金スマカテゴリの最新記事