【あさイチ】思春期に多い起立性調節障害とは?簡単にできるチェック法も

【あさイチ】思春期に多い起立性調節障害とは?簡単にできるチェック法も

あさイチ,起立性調節障害

2018年5月17日放送のNHK『あさイチ』では、思春期の子供に多いと言われる起立性調節障害について特集されました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。





起立性調節障害とは

 
起立性調節障害とは、中学生や高校生など思春期の急激な体の成長に対し、自律神経の働きが追い付かなくなって起こる病気です。

多くの場合は高校を卒業するころには治っていきますが、ごくまれに大人になっても残ったり、疲れやすいといった体質になることがあるようです。

症状としては、

・朝なかなか起きられない
・だるい
・頭痛がする

など、様々なものがあります。

起きないからといって無理に起こそうとするとストレスになり、それが症状の悪化につながることも。

この病名自体は戦後すぐくらいからありましたが、いまだに幅広く認知されているとはいいがたい状況なんだそうです。

目次にもどる

簡単にできるセルフチェック

以下の項目に自分がいくつあてはまるか、チェックしてみてください。

□朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い
□立ちくらみやめまいがある
□顔色が青白い
□頭痛
□倦怠感
□腹痛
□動悸・息切れ
□食欲不振
□乗り物酔い
□起立時の気分不良や湿疹
□入浴後あるいは嫌なことで気分不良

3つ以上あてはまり、続いているという人は起立性調節障害の可能性があるそうです。

早めの受診をおすすめするとのこと。

その際、中学生以下は小児科へ、高校生以上は神経内科などを受診すると良いそうです。

目次にもどる

治療方法は

いざ起立性調節障害と診断されたら、どんな治療が行われるのでしょうか。

まずは、本人を含め家族にしっかり病状を理解してもらうこと、できるだけストレスのない生活を送ることが大切です。

立ち眩みなどは、起き上がった時に血が一気に下に流れることにより起こりますので、水分摂取や塩分を多く摂る、急に起き上がらないといったことを心がけます。

またストッキングを履くことで下に血が落ちるのを防いで、効果が出ることもあるそうです。

さらには症状に合わせてカウンセリング、疾病教育、生活療法、投薬治療などを取り入れていきます。

一般的には、きちんと治療することで軽い人なら2~3週間、1か月ほどで良くなることが多いそうですが、また1年後の同じ時期に発生してしまうこともあります。

目次にもどる

どんな人がかかりやすい?

起立性調節障害は一生懸命で頑張り屋さんの人がかかりやすい傾向にあるとのこと。

スタジオに来ていたゲストの三倉茉奈さんも学生時代に朝礼で倒れることが何度かあったそうです。

目次にもどる

まとめ&感想

起立性調節障害は聞いたことがある程度できちんとした情報を知らなかったので、勉強になりました。眠い、だるいとだらけてしまう子供を頭から怒ってしまうのではなく、こういった病気が隠れていることも視野に入れ、様子を観察してあげることが大切ですね。特に新学期のはじめや、ゴールデンウイーク明けなどは注意が必要かもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次にもどる

人気の健康・美容記事

【金スマ】体幹リセットダイエットのやり方&動画!1日たったの5分!モデルが秘密にしたがるダイエット方法とは
2017年12月15日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』では、 「体幹リセットダイエット」を特集! 1日たっ...
【得する人損する人】玉ねぎヨーグルト+納豆でやせ酸が増える!ちょい足しでパワーアップ!ラクやせダイエット特集!
2017年12月14日放送の日本テレビ系『得する人損する人』では、 ぱいぱいでか美がラク痩せダイエットに挑戦! 前回大好評だ...
【ゲンキの時間】サバ缶と豆腐のアヒージョの作り方!認知症予防に!大豆の健康パワー!
2018年2月4日放送のTBS系『健康カプセル!ゲンキの時間』では、 血管・メタボ・脳に良い大豆パワーを特集! おいしくて認...

目次にもどる




あさイチカテゴリの最新記事