【あさイチ】インターバル速歩のやり方!異所性脂肪の対策法!

【あさイチ】インターバル速歩のやり方!異所性脂肪の対策法!

あさイチ,インターバル速歩

2018年5月7日放送のNHK『あさイチ』では、第3の脂肪として注目される異所性脂肪について特集されました。ここでは、異所性脂肪の対策として効果的なインターバル速歩のやり方についてまとめてみましたので、ご紹介します!

異所性脂肪とは

皮下脂肪、内臓脂肪に続く“第三の脂肪”として、最近話題となっている異所性脂肪

これは本来溜まるべき場所ではない心臓や肝臓、膵臓といった臓器自体やその周囲、さらには筋肉(骨格筋)などに蓄積される脂肪のことで、“場違い脂肪”と呼ばれることもあります。





放っておくと内臓脂肪と同様に、さまざまな糖尿病や心臓病などの生活習慣病、がんや認知症などの重大な疾患にもつながってしまう危険性が問題視されています。

さらに異所性脂肪が臓器に蓄積した場合には、その臓器が持つ本来の機能を悪化させると考えられているので、内臓脂肪よりもそのリスクが注視されているのです。

目次にもどる

インターバル速歩の準備運動

インターバル速歩とは、ゆっくり歩く・速く歩く、を繰り返す運動、考案したのは信州大学大学院の能勢博教授です。

まず、インターバル速歩を行う前に体をリラックスさせます。

1、タオルを両手で持ち、頭の上に持ち上げます。

2、このまま頭の後ろに持っていき、タオルを外します。

これで、肩の力が抜けた状態になり、インターバル速歩の準備が整いました。

目次にもどる

インターバル速歩のやり方

あさイチ,インターバル速歩

インターバル速歩は、早歩きとゆっくり歩きを繰り返す運動です。

最大体力(自分が体を動かしたときに使える限界の力)の70%程度の速度で歩くと、息が弾み、ややキツイと感じます。

具体的には5分ほど歩くと動悸がしてきて、10分歩くと息が切れてくるスピードを目安とします。

この速度を早歩きで3分、疲れてきた頃にゆっくりと3分歩き、再び早歩きをする…と繰り返すと良いそうです。

これは続けて行わなくても、1週間に合計60分の早歩きが出来ればOK!

例えば、

・毎日9分(朝3分、昼3分、夜3分)
・週末にまとめて60分

といったように、自分がやりやすい形で行うと続けられるとのこと。

まずは、1歩、2歩、3歩と歩き、この3歩目を大股にして歩いてみましょう。

慣れてきたら、すべて大股にしていきます。

目次にもどる

異所性脂肪のチェック法

【あさイチ】異所性脂肪の予防&対策法!健康診断の結果から見える簡単チェック法も!
2018年5月7日放送のNHK『あさイチ』では、第3の脂肪として注目される異所性脂肪について特集されました。 ...

目次にもどる

まとめ&感想

異所性脂肪(第三の脂肪)、怖いですね。気づきにくいだけにやっかいですが、教えていただいた運動法や食事を心がけていきたいと思います。

目次にもどる

人気の健康・美容記事

【金スマ】体幹リセットダイエットのやり方&動画!1日たったの5分!モデルが秘密にしたがるダイエット方法とは
2017年12月15日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』では、 「体幹リセットダイエット」を特集! 1日たっ...
【得する人損する人】玉ねぎヨーグルト+納豆でやせ酸が増える!ちょい足しでパワーアップ!ラクやせダイエット特集!
2017年12月14日放送の日本テレビ系『得する人損する人』では、 ぱいぱいでか美がラク痩せダイエットに挑戦! 前回大好評だ...
【ゲンキの時間】サバ缶と豆腐のアヒージョの作り方!認知症予防に!大豆の健康パワー!
2018年2月4日放送のTBS系『健康カプセル!ゲンキの時間』では、 血管・メタボ・脳に良い大豆パワーを特集! おいしくて認...

目次にもどる




あさイチカテゴリの最新記事