【あさイチ】発達障害のグレーゾーンとは?子どもへの接し方や支援など

【あさイチ】発達障害のグレーゾーンとは?子どもへの接し方や支援など

あさイチ,発達障害,グレーゾーン

2018年4月16日放送のNHK『あさイチ』では、発達障害のグレーゾーンと呼ばれるお子さんたちへの接し方や支援について紹介されました。児童精神科医の吉川徹先生による解説について、まとめましたので、紹介します。





発達障害のグレーゾーンとは

発達障害にはコミュニケーションが苦手なASD(自閉スペクトラム障害)、読み書きが苦手なLD(学習障害)、落ち着きがなく不注意が多いADHD(注意欠陥多動性障害)などがあります。

そして発達障害のグレーゾーンとは、保育士や保健師などの専門家に発達障害の可能性を指摘されたものの、医師によるはっきりとした診断はついていない状態のことを指します。

例えば、

・授業中に席に座っていられない
・計算、読み、書きが極端に苦手
・一人で遊ぶことが多い

といった特徴を持つ子が多いと言います。

ですが、子供らしさとの違いが分かりにくく、幼いうちは見極めが難しいのだそうです。

中には発達障害かどうかの結論を先延ばしにされ続け、どうすれば良いのかが分からず悩む親御さんも多く見られるとのこと。

目次にもどる

発達障害は治るもの?

発達障害そのものは本質的には変わることはないそうです。

ですが、彼らのものの見方や考え方、感じ方を理解し、それに合わせて育てていくことで段々と困りごとが減ったり、挑戦できることが増えたり、人生を乗り切っていける場面は多くなるとのこと。

つまり、出来るだけ早い段階でその子に合わせた療育を受けさせてあげることが大切となります。

逆に年齢に合った育児だけを目指してしまうと、段々と追い付けなくなり、子供本人が苦痛になったりやるべきことが嫌いになってしまう可能性があるのです。

目次にもどる

グレーゾーンかも?と思ったら

お子さんの発達に不安を感じたら、まずは1歳時検診や3歳児健診で保健師さんに相談するのがベストとのこと。

保健師さんは、発達障害に関する知識も持っている方が多く、その子の出来ることを一緒に見極め、その半歩先や1歩先の課題にどう挑戦していくかを相談すると良いそうです。

ですがもしグレーゾーンだと分かっても、子どもにあった子育てが分かっているのであれば、必ずしも障害をはっきりとさせる必要はないそうです。

ただ、子育ての中で足りないものや知識を感じたり、一緒に考えてくれる人がもっと欲しいと思った場合は医療機関を受診して診断を受けることで、子育てに使える資源を増やすことが出来るとのこと。

目次にもどる

グレーゾーンの子供への支援

発達障害の可能性がある子どもやその親が利用できるものとして、全国の自治体などで実施されている「ペアレントトレーニング」が紹介されました。

ここでは子どもの行動を理解し、褒め方など接し方を学ぶことができます。

また他にも、「ペアレントメンター」では同じ状況の先輩の親に相談するといったこともできます。

支援の名称や内容、対象は自治体により異なる場合がありますので、お住いの自治体に問い合わせてみると良いそうです。

目次にもどる

あさイチの人気記事

【あさイチ】美尻の作り方!歩き方やペン挟みエクササイズ!階段の昇り方!美尻ブーム!
2018年4月4日放送のNHK『あさイチ』では、大ブームとなっている美尻を作る方法について紹介されました。 ...
【あさイチ】地味弁の極意!カリスマ主婦マヤさんのお弁当レシピ!
2018年4月3日放送のNHK『あさイチ』では、今話題の「地味弁当」について紹介されました。 ...
【あさイチ】いり酒(煎り酒)の作り方!アレンジレシピも!魔法の万能調味料!
2018年1月23日放送のNHK『あさイチ/スゴ技Q』では、 日本酒使いこなし術を特集! ここでは、日本料理の達人・鈴木好次...

目次にもどる




あさイチカテゴリの最新記事